ほくろ、いぼをキレイに取るには

ほくろは医学的には「母斑細胞母斑」と言われる、黒い色素細胞の集まりです。平らなものと、盛り上がったものがありますが、一般的には平らなものをホクロ、盛り上がったものをイボと呼ぶことが多いようです。
盛り上がったホクロ、イボは「年寄りイボ」と呼ばれる、皮膚の老化現象でできるイボや、「線維腫」と呼ばれる皮膚の良性腫瘍のこともありますので、鑑別が必要です。

また、まれに、ホクロのがん のこともあります。大きくなるほくろ、足の裏にあるほくろ、にじんでいるほくろ、表面ががさがさしているほくろは要注意です。

ほくろの治療には何種類かありますが、最も一般的かつ確実なのは手術です。ほくろのある部分を切り取って縫合するという単純な手法ですが、熟練した形成外科医、美容外科医が手術すれば傷跡が残るようなことはありませんし、再発率も少なく、最も確実な方法です。ある程度大きいものや、盛り上がったほくろは除去手術が最も確実です。

次の方法は、レーザーを使う方法です。炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)で、ほくろを蒸散させてしまいます。
ほくろのある部分にレーザーを照射しますと、ほくろの部分がレーザーの熱エネルギーで吹き飛んで、ほくろの細胞がなくなってしまいます。一時的にほくろのあった部分の皮膚に穴が開いたような状態になりますが、時間がたつと次第に盛り上がってきて、穴はふさがります。

同じように、レーザーではなく電気高周波)を使って、ほくろを焼いてしまう方法もあります。「電気焼灼術」と言います。これも、レーザーと同じく、一時的に皮膚に穴が開きますが、次第に治ります。

私がよく使う、ほくろ治療法は「フラッシュ光線治療」です。
本来フラッシュ光線は肌に優しい柔らかな光で、レーザーに比べますと熱エネルギーは弱いですから、ほくろを吹き飛ばすほどのパワーはフラッシュ光線にはありません。ところが、ある特殊な使い方をして、熱エネルギーを収束させてあげると、ほくろに光が反応して十分な熱エネルギーがほくろに加えられるようになり、ほくろ除去が可能になります。さらにこの場合、レーザーのように皮膚に穴が開くことがなく、ほくろの黒い細胞のみを選択的に破壊することができるので、皮膚にダメージを与えません。傷跡が残る心配もありません。

レーザー、電気焼灼の場合はどうしても多少の傷跡が残る可能性がありますが、それに比べますとはるかにフラシュ光線ほくろ治療は傷跡が残る可能性は少ないです。

そういったわけで、私はほくろ治療にはまずフラッシュ光線治療を行います。そして、どうしても反応が悪く除去できないようなほくろ、いぼの場合は、炭酸ガスレーザー治療を追加しています。

ほくろ、特に平らなほくろ、色が黒いだけで盛り上がりがないほくろは、まずはフラッシュ光線でほくろ除去を試みるのが、最もキレイに治せる方法です。



この写真フラッシュ光線でほくろを除去治療した症例です。麻酔の必用はありません。1回で取れるものもありますし、2回以上の治療が必用なほくろもありますが、基本的には傷跡なしにキレイにできますね。
ホクロ治療1.jpg



同じく、フラッシュ光線でほくろ除去したものです。へこんだり、傷跡になたりしていませんよね。レーザー治療ではこうは行きませんから、やはり、後のことを考えると、レーザー、炭酸ガス、C02レーザーより、フラッシュがあお勧めです。
ホクロ治療22.jpg


鼻の横にある、小さな盛り上がったほくろです。この程度の盛り上がりなら、フラッシュ光線ほくろ治療でも十分対応できます。まったく傷跡が残っていないところにご注目ください。
ホクロ治療33.jpg


くび、顎、頬にほくろが散在していますね。このように、ほくろはひとつではなく、多発することが多いですね。あまり顔中にほくろがたくさんあるのは好ましくないですよね。一つや二つならチャーミングかもしれませんが、10個も20個もあったのでは興ざめです。たくさんのほくろを一度にレーザーで取るのは無理ですし、皮膚に負担がかかりすぎます。そんなときは、フラッシュ光線ほくろ除去治療がお勧めです。
顔全体に、フラッシュを照射しますと、光が選択的にほくろ細胞に取り込まれて、熱エネルギーを発生し、ほくろ細胞にダメージを与え、ほくろが次第にうすくなっていきます。
1回だけではなかなか全部はとりきれませんが、何回かフラッシュ治療を繰り返すと、ほとんどのほくろが目立たなくなります。
ホクロ治療えみ44.jpg


こういった腕のほくろ、単発のほくろは1回のフラッシュ光線治療で傷跡もなく治りますね。
腕のホクロ治療55.jpg


いくつかあるほくろも一度に治療できます。なんといても傷跡が残ってないのが魅力です。ほくろをキレイに消しゴムで消したように治療したいのであれば、フラッシュ光線ほくろ治療をおいて他にはありません。
腕のホクロ治療66.jpg

ほくろの手術治療

ほくろの手術とは

最も確実かつ、再発率が少ないのが手術によるほくろ除去です。

ほくろの周囲をほくろより一回り大きめに紡錘形に切除し、ほくろを皮膚からくり抜きます。
くり抜いた皮膚は、口が開いた格好となっていますから、糸をかけて口をふさぎます。このときの縫合方法が下手だと、後になって傷跡が残ります。形成外科医の腕の見せ所なわけです。


ほくろ手術の術前、術後写真です。右の写真は縫合(糸で縫う)したところの写真です。5〜7日後に抜糸します。細かく縫いますので、傷跡はほとんど残りません。
1ホクロ手術11.jpg


ほくろ除去手術の経過写真です。ほくろ切除ー縫合〜抜糸(7日後)で完了です。局所麻酔でできる小手術です。15分〜20分で終了します。
2手術 ほくろ 経過22.jpg


目の下のほくろです 切除ー縫縮術しました。傷跡もなくキレイに治っています。
3ほくろ手術33.jpg


基本的にどんなところにあるほくろでも手術可能です。形成外科専門医による手術であれば、皮膚のしわの方向と、傷跡を一致させることにより、傷跡はほとんど目だたなくさせることが可能です。
4ホクロ手術44.jpg

ほくろ・いぼのレーザー治療

ほくろレーザー治療とは

ほくろの治療で、最近良く用いられる方法は、レーザー(炭酸ガスレーザー。C02レーザー)治療です。炭酸ガスレーザーは{水}に反応するレーザーです。皮膚の水分に反応して、高熱を発して、一瞬のうちに皮膚(ほくろ)を蒸散、破壊します。Co2レーザーによって、ほくろは影も形もなくなります。しかしながら、ほくろがなくなったあとは、皮膚に穴が開いた状態になっています。この穴は次第にふさがっていくのですが、1〜2週間はかかりますので、その間は消毒、軟膏塗布が必要になります。穴がふさがった後も、少しへこんだ感じになって、傷はしばらく赤いです。3ヶ月も経てば、傷跡はほとんど目立たなくなります。



Co2レーザーで脚の ほくろ除去したところです。右の写真を見てください、ほくろのあったところは、ほくろがなくなってますね。そして、小さな穴が開いてるのがわかると思います。この小さな穴は1〜2週間でふさがります。
ほくろCo2治療11.jpg


唇のほくろC02レーザー治療経過写真です。真ん中の写真は炭酸ガスレーザ照射直後、唇に穴が空いてますね。
一番右の写真は1週間後です。あとも残らずキレイに治ってますね。
ホクロレーザー22.jpg


鼻のほくろ(いぼ)炭酸ガスレーザー治療経過写真です。C02レーザによって蒸散したほくろは、最初は傷跡が目立ちますが、次第に上皮化してきて2週間もすれば、ほとんど目立たなくなります。
ホクロ レーザー333.jpg


これくらいの少し盛り上がったほくろは炭酸ガスレーザーで治療可能です。
ホクロレーザー44.jpg



炭酸ガスレーザーで瞬間的にほくろを蒸散させます。
ホクロレーザー55.jpg




これほど大きなイボでも炭酸ガスレーザーであれば、瞬時にキレイにに除去することができます。傷跡もほとんど目立ちません。いぼ 治療 66.jpg