イオン導入 イオン導入とは

イオン導入とは

イオン導入(イオントフォレーシス)とは微弱電流によって電荷をもつ物質(イオン)を皮膚の中に効果的に導入する方法です。最も導入されやすいのは水に溶けてイオン化するもので電荷が強く、分子量が小さい物質といわれています。ビタミンCなど、そのままでは皮膚に浸透しにくい成分を、効果を保ったまま皮膚の奥まで届けるのに効果的な方法として、多くのクリニックで使われるようになってきました。

ビタミンCイオントフォレーシス

 現在イオン導入(イオントフォレーシス)で最もよく行われているのがビタミンCの導入です。ビタミンCは肌表面に塗るだけではほとんど皮膚に入っていきません。そこでビタミンCが水に溶けるとマイナスの電荷を持つ(イオン化する)ことを利用してイオン導入を行います。

 イオン導入器の電極をマイナスにセットし、水に溶かしたビタミンCを塗布した肌へ接触させると、マイナス同士で反発したビタミンCが、プラスに帯電した肌の方へと移動していきます。
イオン導入図.jpg
 そうすることでビタミンCは肌の奥まで浸透し、その浸透力はただ肌表面に塗るだけと比べると約20倍にも達するといわれています。

 有効な回数や頻度は個人差もありますが、1週間に1度の施術を3〜4回繰り返すと効果がでてきます。
ビタミンCのイオン導入はお肌に乾燥傾向が出ることがありますので、その場合は保湿を心がけてください。

 微弱な電流ですので、電気刺激に敏感な方も施術を受けることができます。ただし、ペースメーカー等ご使用の方は適応にならない場合があります。

 クリニックでの美容医療において、イオン導入はケミカルピーリングなどと併用されるケースが多く、特ににきびにきび跡の色素沈着、また肝斑くすみの治療にもよく使われます。

 日光黒子の治療にはレーザートレチノインが主に行われていますが、時間をかけてでもマイルドな治療を希望する方にはイオン導入が適しています。

 また、レーザー治療、IPL治療の併用療法、後療法としてイオン導入を用いることも非常に有効です。

 当院ではイオン導入に用いる溶液にアミノ酸アミノ酸誘導体(保湿)、レチノイン酸トラネキサム酸プラセンタ(美肌効果)などを用いております。

きれいな肌の条件とは

 
肌がきれいということはどういうことでしょうか
 
一般に肌がきれいということは
 
肌のきめが整っていたり シミがなかったり しわ たるみがないことを指しますね
まとめると次の5点になります
 
 
 
美しい肌.jpg
 
しみ・くすみがないこと
毛穴が目だたないことは
美肌の需要項目になりますね

アトピーの新薬 月見草

月見草の効果
 

皆さんおなじみの 月見草ですが アトピーに有効との報告が届いております

当院でも今後積極的に取り入れて行きたいと思います

 
詳細は以下の通りです
月見草.jpg



カテキン

カテキンに関する説明

カテキン.jpg


カテキンの作用が言われて久しいですが カテキンとは一体どんな効果があるのでしょうか カテキンの効能効果は 抗酸化作用と言われています

抗酸化作用とはなんでしょう  体内で酸素と結びついて体に悪さをする物質のことを酸化物質といますが これを取り除く作用です
これにより 細胞が老化するのを防ぐのです
カテキンはお茶に含まれることで有名ですね

フコダインとは

フコダインってなんだろう
 
フコダインとは硫酸化フコースのことです
わかりやすく言うと
フコダインは海藻に含まれる成分 モズクやわかめのねばねばに多く含まれる成分です
これが健康に胃と言われています
どのようにいいかというと
コレステロール上昇抑制作用や 潰瘍をできにくくする作用があるといわれています
 
おもな作用は以下の通りです
フコダインの効果.jpg

ビール酵母

ビールは体にいい?
 
最近ビールの有効性が注目されています
ビールはアルコールですから飲みすぎには注意しましょう カロリーも高いですから
飲みすぎるとビール腹になりますよなんて警告はよく見受けますが 実はビールは体にいいものだった?
 
さらにはビールはダイエットにもいいなんてまことしやかにささやかれているのです
本当にそんなことがあるのでしょうか
 
その正体は ビールのもとになるビール酵母にあったのです
 
ビール酵母とは.jpg

プロポリスとは

プロポリスははちみつからとれる有効成分で 抗がん作用があることで一躍有名になりました
もともとは植物みつばちの成分の入り混じったものでジェル状です
これが殺菌作用にすぐれ薬代わりとして国外で昔から使われていた経緯があります
日本では1980年代〜1990年ころにその効果が癌学会などで発表されることが多くなり注目されれるようになってきました
 
プロポリスとは.jpg

デキストリンとは

デキストリンとは
でんぷんを加水分解してできる食物繊維で 整腸作用 糖分調整作用がります
コレステロールを下げる作用や 脂肪を抑える作用についても効果があるといわれています
 



デキストリンとは.jpg

GABAとは

gabaとは.jpg

 GABAは自然化に広く存在するアミノ酸の一種で多種な物質に含まれる成分で 珍しいものではありません お茶に関係するものが注目されていますが お茶だけではなく さまざまなものに含まれるアミノ酸です 精神安定作用や 脳血流改効果があるとされています がんの抑制作用もあるといわれています

乳酸菌とは

乳酸菌
乳酸菌は腸の善玉細菌で 腸の働きを助ける作用があります
乳酸菌の働きとしては 腸のぜん動運動の促進、 腸内菌叢バランスの調整、有害菌繁殖の抑制、 免疫機能の向上、 老化防止 などがあります
 

乳酸菌とは.jpg


CoQ10とは


 CoQ10とは

 
言わずと知れたCoQ10ですが  当院でもCoQ10の化粧品を開発して クリーム状のものと 液体のものを販売しております
 
黄色いいろでやや匂いがありますが お肌につけるとしっとりなじんで 潤いが戻ります
毎日つけ続けることで抗酸化作用がありますから お肌が若返ってくるのです シミもうすくなる効果が期待できますし 何よりしわ (特に小じわ)の改善作用が期待できます
 


CoQ10.jpg

 

アルファリポ酸


 アルファリポ酸とは

 
強力な抗酸化作用を持つリポ酸はダイエット商品としても注目されていますが 当院では化粧品として注目しています ビタミンCがシミに有効なのは有名ですが リポ酸も化粧品として開発できればビタミンCよりさらに強力な抗酸化作用が期待できますので 期待しているところです 
リポ酸のキレート効果は何より強力ですから これは素晴らしい効果が期待できる和kですが残念ながら まだリポ酸を美容医療に生かすことはできていません これからの研究次第ということになりますね
 

Aripo酸とは.jpg

オリゴ糖


 オリゴ糖 とは

 
オリゴ糖を美肌治療に行かせないかと いろいろ検討中ですが お肌にだけ注目するのではなく 体そのものを健康に保つという意味において おなかの働きを整えるのはいいことです
その観点から言えば オリゴ糖で腸内環境を整えるのは美肌にもつながるわけです
オリゴ糖はビフィズス菌を増やし、おなかの働きを助けます
オリゴ糖は腸内細菌であるビフィズス菌の働きを助ける作用があります
よって その効果は整腸作用ということになります
オリゴ等を美容医療につかえないかと検討中ですが 飲み薬として使う以外の方法はなかなか見つかりません オリゴ糖には フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖などがあります。
ショ糖ともいわれるキシロオリゴ糖はガムでも有名ですね
これは虫歯にならないだけでなく腸内細菌にも働くわけですから一石二鳥ですね
 

オリゴ糖.jpg


キチン キトサン とは

キチンとは
 
キチンというと鶏肉のように思えますがきちんとはカニやエビの甲羅からとれるたんぱく質です
これはかれこれ20年以上前から形成外科の分野でも使われていました やけどの時の被覆材としてベスキチンというカニの甲羅から製造した人工皮膚を使っていました 今はあまり使われなくなりましたが 昔はやけどの手術後の患者さんなどにはこのキチン膜をよく使っていいたものです
今思うとこのキチン膜は創傷被覆材なわけですから 人工皮膚として肌にいいものは美肌治療にも使えるんじゃないかと考えています 
たとえば フラクショナルレーザー後の皮膚保護であるとか レーザー処置後の創被覆です 検討する余地があるのではないかと思います  キチン膜は薄くて皮膚になじみやすいので 美容皮膚科処置後の傷の手当につかえる可能性があります
その他の一般的なキチン効果はいろいろあって

kitinn.jpg

DHAとは

DHAは最近では非常に耳にする言葉になりましたが 以前はDHAとは何ぞやという時代がしばらくありました 当時から海外ではDHAに着目する研究がたくさんあり それなり注目されてはいたのですが 一躍有名になったのは 魚食ブームが来た時からです ヘルシー志向になり肉食から魚食へ人気が移った時代がありました その頃注目されたのがDHAです
もともと魚食が中心であった日本人が長生きで 頭もよく 視力がいいのは食事のためではないかといわれるようになったのです それに関する論文がいくつか発表されると 尾ひれがついて宣伝されるよになり 今のDHAブームとなったのです
 
DHA.jpg
 

米ぬかアラビノキシラン誘導体とは

米ぬかアラビノキシラン誘導体とは
お米に含まれる成分で きわめて抗酸化作用 抗がん作用が強いといわれる物質で 小さな分子のため吸収がきわめてすぐれており 体内に取り込まれた時から ナチュラルキラー細胞を活性化して がん細胞を死滅働きがあるとされています  もちろん 免疫力を高めて がんにならない体を作るににも役立つわけです
そういうわけで 抗がん作用が注目されているのです
 
アラビキシン誘導体とは.jpg
 

ダイエットの新発見 コーレーグースー+納豆 ダイエット

納豆に含まれるか納豆キナーゼがダイエットにいいことは先日もお話しましたが これに沖縄特産のこーれーぐーすを加えるともっといい結果が出ることが分かりました
納豆のポリアミンとこーれーぐすの組み合わせが 何とも食べやすく 口当たりがいいのです
これなら納豆が苦手という人でも食べられるかもしれませんね
私もこーれーぐーすというのを初めて知ったのですが これがなんといいのです ぜひお煤s目しますので試してみてください


納豆 こーれーぐーすー.jpg

コーレーグースーとは

 
これーぐーすーとは唐辛子泡盛につけたんものです ピリ辛でおいしいのですが われわれにとってはちょっと辛すぎます 沖縄の人は平気で食べますが 普通はそのままでは食べられません ところがそれを納豆に入れるとお互いの癖を消しあって非常においしく食べられるのです  しかも唐辛子のカプサイシンのダイエット効果と 納豆のダイエット効果が相乗するわけですから これは食べない手はありません これーグースと納豆で痩せましょうこーれーぐーす.jpg

納豆はポリアミン食のキング 

納豆  ポリアミン.jpg
 


ポリアミンが動脈硬化を抑えます


ポリアミン.jpg

動脈硬化は老化の一種です。その老化を防ぐためにポリアミンが有効であることが分かっています しかもそのポリアミンは元も身近な食事 納豆に多量に含まれているのです

いままで納豆といえば納豆キナーゼの抗血栓作用が注目されていましたが これから 納豆といえばダイエット ポリアミンに注目です

あるある 納豆 ポリアミン 動脈硬化の原因

納豆はなぜいいのか なぜ ひき割り納豆なのか ポリアミンとはなにか  そのなぞを解く鍵 動脈硬化についての解説です 動脈硬化を引き起こす原因は何かを考えてみましょう
動脈硬化を引き起こす原因は3つあります 1老化 老化すれば当然血管は固くなって ぼろぼろになってくるのです いつまでも若いころの血管と同じというわけにはいきません これはどの臓器でも同じですね  これはしょうがないことです 運命だと思ってあきらめるしかないです 老化には勝てません

2悪玉コレステロール これがコットも問題ですね LDLコレステロールですね 食事を気をつければ改善できますので ここに一番気を使いましょう

3炎症 血管に炎症がおこることが これが動脈硬化の原因になります これが最も恐ろしいことです


老化
動脈硬化3.jpg

動脈硬化の原因:悪玉コレステロール
動脈硬化4.jpg

 
 
動脈硬化の正体を探る
動脈硬化.jpg
 

あるある大事典 納豆 ポリアミンはなぜ若返るのか

あるある大事典 
納豆 ポリアミンはなぜ若返るのか


脅威の納豆パワー  ポリアミンの秘密

動脈硬化になる本当の理由は?

どうしたら動脈硬化を避けられるか?

あるある大事典の収録を通してわかったのですが 
納豆のナットウキナーゼによる血栓溶解作用以上に注目されるのが、
ポリアミンによる動脈硬化予防作用です

動脈硬化はなぜ起こる?
動脈硬化を防ぐためには について詳細にレポートしています

 


動脈硬化の病気.jpg

納豆で美肌

納豆の食べああわせについて説明しましょう  納豆は何と一緒に食べるといいか具体的にお示しします

ビタミンc アミラーゼ カルシウム 食物繊維 ビタミンE イソフラボン カルシウムなどを一緒にとるといいですね 具体的には大根おろし  お豆腐納豆  なっぱの納豆 

納豆食べ合わせ400.jpg

レタス豆腐 オクラ納豆なんかもいいでしょう
 
納豆食べ合わせ.jpg

ポリアミンはLFA−1を抑えます

納豆がどうして動脈硬化を予防するかののお話です 動脈硬化の原因となる老化とLEA−1が関与します

年を取るとLFA−1が増えます これが動脈硬化の原因となります 納豆に含まれるポリアミンはこれを抑える 少なくする働きがあるのです

納豆免疫.jpg

 
 

納豆 ポリアミン 納豆キナーゼ ビタミンK

なぜ 納豆は体にいのでしょうか ポリアミンが多く含まれることと 納豆キナーゼが含まれることが関与します
ポリアミンはこう老化作用 こう動脈硬化作用があります つまり若返り 血管年齢を若くする効果があるのです 動脈硬化はすべての死因の中でもっとも割合が多いものです それを防ぐことができれば長生きできますし 健康な体を保つことができるというわけです しかも 納豆キナーゼには血栓予防効果がありますから 心筋梗塞 脳卒中の割合を減らせるのです
 
      

納豆食べて 血管年齢が○○才になりました

あるある大事典の取材の裏話です

高輪美肌クリニック全面協力で 取材 実験 評価 考察 コメント まで行いました

診療の合間をぬっての撮影ですので 時間調整が大変でした
患者さんがいるわけですからね

患者さんには大分迷惑かけてしまいました
ごめんなさい

何しろ 2週間という長いスパンですので大変でしたが 何とか無事取材を終えました

わたしも ついでに納豆実験に参加してみました 納豆食べる前に 血管年齢 骨年齢 肌年齢を測定しておきました

齢相応な結果だったのですが 肌年齢35歳 血管年齢43歳  骨年齢42歳 でした  ちなみに私は43歳です

Dr 利根川.jpg


1週間納豆食べました 毎朝食べましたー 引き割り納豆刻んで食べました 納豆嫌いではないんですけど さすがに毎日はあきますよね

体が次第に納豆臭くなってきましたからね 体の中から納豆臭がこみ上げてくる感じですかね  血管からにじみ出る納豆の香り〜  1週間 外来は納豆臭かったに違いありません 





血管

1週間後の結果です

な・なんと・・・・   血管年齢が



20歳になりました    



 驚きです



証拠の写真はこれ 
血管年齢20歳ss.jpg



さすがに自分でもびっくり



それ以来納豆毎日食べてます



納豆万歳!

ポリアミン万歳 !

ついでにナットウキナーゼ万歳!

さあ、あなたも今日から納豆を食べよう ポリアミンをたくさん摂取して若返りましょう

特に ひきわり納豆です  刻んで食べてください

繰り返し言います

ひきわり納豆を刻んで食べてください

あるある大事典放送より一足早い極秘情報でした 

あるある 納豆 ポリアミン摂取で効果倍増

ポリアミンという物質をご存知ですか?


納豆に含まれる若返り物質です

ただし、ポリアミンは普通に納豆を食べても 吸収されないんですよ

効果的にポリアミンを吸収する納豆の食べ方を あるある大事典で紹介しますよ


今回のあるある大事典のゲスト出演は熊田曜子さんです  熊田さんといえば ナイナイの岡村さんとの関係で注目されて以来 活躍するようになって来ましたね 
熊田曜子さんは看護婦さんなんですってね チョットお話しましたが すごくいい子でしたよ

スタジオ風景.jpg

ポリアミンとは

ポリアミンとは

ポリアミンは、さまざまな生理活性を持つ低分子有機化合物です。まだ一般にはあまり知られていないのですが、最近、急速にその有用性が明らかになってきています。
われわれの体の中には、もともと天然ポリアミンが存在しています。1971年には、病気の進行度合いと尿中のポリアミン量に相関性があることがわかりました。
 特にこの時には、ポリアミンの量的変化を追っていけばガンの進行度合いがわかるという論文が発表されたのです。それからにわかにポリアミンの研究が盛んになってきました。
 その後、ポリアミンの代謝経路が解明され、病気になると血液中、体液中のポリアミン量が増すことがわかりました。
 すなわち、ポリアミンのホメオスタシス(恒常性)で正常と異常がわかるようになったのです。ガンに限らず、細胞機能の異常を伴う病気であれば、ポリアミン量との相関性が出てくるのです。

 。
1980年頃までは優れたポリアミン合成法はまったくなく、1988年になって、合成ポリアミンが制ガン効果を有するという最初の論文が発表されました。


病気、難病に効果を発揮 ポリアミンは、その中にいろいろな金属を収納できます。大きければ大きいほどイオン半径の大きな金属を収納することができます。金属イオンと有機物のコンプレックスを作るわけです。

また、炭酸ガスを取り込む他、燐酸基やカルボン酸基を取り込んだりするので、有機化学的な官能基とも非常に相互作用が強い。言い換えると、分子認識力があるので、環状ポリアミンの利用価値は潜在的に高いのです。

環状ポリアミンは通常の化学的な結合力の他、いわゆる静電的な力でお互いを認識する機能が賦与されています。例えば海水中からウランのイオンだけを回収するというポリアミンを成形することも可能となります。万が一、ウランのような物質が漏れた場合、放っておくとどんどん拡散していきますから、それを環状化したポリアミンで回収する。

要するにイオンに対して特異性のある分子認識ですから、環の大きさを調整することで、特定の物質に強く相互作用するものを作ることが可能になるわけです。

環状化したポリアミンには、いろいろな用途が考えられます。例えば、環状化ポリアミンがエイズに効くという論文が1992年に発表されました。環状ポリアミンを2つ重ねてスペーサでつないだ分子がエイズに効くというのです。これは積層型分子と呼ばれており、免疫細胞にエイズウイルスが入るところを阻害する機能があることが、最近になって明らかになりました。

このようにいろいろな環を組み合わせてやると、1つだけでは達成できなかった新たな機能が期待できます。面白いところでは、ポリアミン化合物が眠り病と呼ばれるアフリカントリパノゾーマ(嗜眠性脳炎)に効くという研究も始まりました。



まだ最近の研究ですが、細胞の壊死、例えば脳梗塞などで酸素が届かなくなって脳細胞が死ぬ時にも、ニューロン細胞でのポリアミンのホメオスタシスが崩れていることが明らかになってきました。

ポリアミンがニューロンでのイオンの出入りをコントロールすることにより、イオンチャンネルの引き金役物質の一翼を担っていることがわかってきました。このため、この分野の研究が急速に展開されています。このことはポリアミン研究史上、近年最大のトピックと言えます。
具体的には、ポリアミンがNMDA受容体をコントロールしているということです。

NMDA受容体が開きっぱなしになるとイオンが入り込んで細胞は死んでしまいます。逆に閉じっぱなしでも今度は細胞が麻痺して死んでしまう。アルツハイマー症でもパーキンソン氏病でもイオンチャンネルの調整異常が問題の核心部分であると思われます。

現在研究者は 生体内で機能が低下した部分をコントロールできるポリアミンの合成を目指しているのです。そして、現在対策のない、ガンやエイズ、アルツハイマーといった病気の解決を狙っているわけです。
作った合成物は、生理活性をチェックできるところにお願いすれば、いろいろな機能を確かめてくれます。例えば国立がんセンターでは、制ガン剤のスクリーニングを実施しています。

 
まだまだ広がる可能性

従来のゲノム解析は耐熱性DNAポリメラーゼを用いたサイクルシーケンシングという方法でやっていました。これは温度の上げ下げを多数回行うシーケンス方法です。ところが、林崎プロジェクトリーダーのところでは、DNAポリメラーゼではなくRNAポリメラーゼで、シーケンス反応を行うという新しい手法が考案されました。この新手法だとPCRで鋳型調製後、精製を行わずシーケンス反応が実行できるし、従来の方法に比べて飛躍的に時間を短縮することができます。私が合成したポリアミンを加えることでポリメラーゼの活性を高めた結果、従来のものに比べて4倍程度、標識した塩基を取り込む速度を高めることができたのです。


超構造分子とは

超構造分子というのは、ポリアミン系の化合物を有機材料として使おうというものです。デンドリマーといっているのですが、ポリアミンを樹木状にたくさんつなげて、総体として球状に見えるものにする。このような分子の機能が非常に期待されているのです。ポリアミン以外のデンドリマーの研究も近年盛んです。

デンドリマーはデンドロンと呼ばれる小単位から構成されているのですが、。この高分子は真ん中に空洞部分がたくさんありますから、例えばここに揮発しやすいものを入れておくと蒸発しにくくなる。

したがって、薬を中に入れておけば少しずつ溶け出してくるようになったり、化粧品を入れておけば長く匂いが保たれるといったことにも使えるかもしれません。蛍光物質を埋め込んでおけば長く光らせることもできるはずです。

また、デンドリマーの周辺部を活用することも可能です。簡単な分子とは異なり、他のデンドリマーとの間で相互作用をたくさん起こすことができるからです。デンドリマーをならべて電子の授受などをすれば、従来の回路をもっとコンパクトにした新しい回路、分子回路というものが可能になるかもしれません。そういう夢の回路のようなものをどういう格好で実現するか。興味は尽きません。

ポリアミンは生理作用の研究が盛んになってからまだ日が浅いのですが、この研究開発によって、これからも続々と新しい作用物質が生み出されていくでしょうし、大きな可能性のある領域だと思います。
 

ポリアミンをご存知ですか  納豆パワーの源です

納豆で美肌 あるある大事典

ポリアミンという物質をご存知ですか?


納豆に含まれる若返り物質です

ただし、ポリアミン 普通に納豆を食べても 吸収されないんですよ

効果的にポリアミンを吸収する納豆の食べ方を あるある大事典で紹介しますよ


納豆食べれば 美肌対策は完璧ですね


あるある大事典

納豆特集−発掘 あるある大事典Uー  

血管年齢 骨年齢 肌年齢 を飛躍的に若返らせる
脅威の食物とは・・・・

    納豆  でした

特に 引き割り納豆がいいみたいです

モニター30人中 ほとんどのひとで 納豆パワー が証明されました


結果は 今週日曜日 発掘 あるある大辞典Uを見てくださいね

  さあ  今から 納豆買占めに スーパーに向かいましょう

この番組を見たら  あなたはきっと納豆が食べたくなるに違いありません

ポリアミンとは 納豆 あるある大辞典

4日間かけて行われたあるある大辞典のテレビ撮影が無事終了

発掘あるある大事典 撮影終了です

  発掘 あるある大事典の撮影をかなり長い期間かけて行っていました。

7月丸々いっぱいです

というのも、単なる撮影ではなく
納豆美肌効果 血管年齢効果 骨年齢効果 を評価していたからです

今回は特に ひきわり納豆を食べ続けてもらい どのような効果があるかを検証しています

モニター30人を使って 1週間ほど毎日 納豆を食べ続けてもらいましたので 時間がかかったわけです

ビデオを回した時間は100時間以上ですね
さすがに最後は疲れました

それで、結果は予想以上の効果だったので、あるある大辞典の番組的にも万々歳でしょう


これ、売れますよ 品切れ間違いなしですね
納豆ブレイクします 特に ひきわり納豆です

だって私が 「納豆 美肌効果ありますねっ」てコメントしてますからね

美肌の専門家のお墨付きですから 間違いないですよ

実は 私も食べてみたんですよ 納豆を1週間毎日食べました
引き割り納豆です

ひきわり納豆をさらに包丁で砕いて食べます

これは結構いけるんです
なんにでもあうんですね

ご飯.gifご飯にかけてよし
味噌汁.gif味噌汁に入れてよし
パン.gifパンにつけて食べてよし
のりで来るんでよし
卵.gif卵と絡めてよし

本当にうまいんですよ 納豆こんなにおいしいとは思っていませんでした
見直しました

ポリアミンという物質が最高にいいのです

ポリアミン
ってあまり聴いたことないですよね
今回はこれがミソです

納豆といえばナットウキナーゼは有名ですね
ところが今回の主役は ナットウキナーゼではなくて
ポリアミンです

これが恐るべきパワーを秘めています


あなたは番組を見た後 納得が必ず食べたくなります
しかも ひきわり納豆がね

納豆 あるある大事典


発掘あるある大事典Uの巻

皆さん あるある大事典はご存知ですか?
健康情報系番組としては 圧倒的人気を誇る高視聴率番組です
この番組(あるある大事典)で紹介した製品は次の日瞬く間に店頭から消えることで有名です

その 「発掘あるある大辞典」の撮影・取材を当クリニック(高輪美肌クリニック)で行っています   毎日朝から夜遅くまで カメラが回っています モニター20人を集めての実験を行い その結果を評価するというもので 高輪美肌研究所が全面的に協力して行っています 

あるある大辞典といえば 放送翌日に取り上げた製品(商品)が全国の店頭から瞬く間になくなると言われるほどの影響力を持つ番組です

その効果検証実験を行っているところですので責任は重大です

今回は納豆の体に及ぼす影響を調べていますが 現在までの結果ではこれが驚くべき結果となっています

肌年齢 血管年齢 骨年齢を測定していますが すっごい結果が出ていますよ

詳しくは今は言えませんが  今回の実験で 納豆とくに ポリアミンのすごさを再認識しました

きっと 放送翌日には スーパーからすべての納豆商品が瞬く間になくなるほど売れるんでしょうね  ちょっとしたブームになると思いますよ

今から納豆買っておいたほうがいいかも

あるある大ォ典 取材風景ハ真.jpg