傷跡(きずあと)の治療

傷痕(きずあと)の治療 はどうすればいいか

 

傷跡いくつかに分類できます

1・赤く盛り上がった傷跡(傷を越えて大きくなならない)

2・赤くみみずばれのように盛り上がった傷跡(傷を越えて大きくなっていく)

3・赤みはなく白く線状にのこる傷跡

 

1は肥厚性瘢痕という傷跡(きずあと)で 通常よくみられる「傷の赤み」です

2はケロイドといわれる傷跡にできる皮膚の腫瘍のようなものです 

3はいわゆる傷の痕です

 

 ケロイドには体質が大きく関与していますが傷あと(肥厚性瘢痕)は体質は関係ありません

ケロイドを治すには手術療法や電子線療法といった特殊な治療が必要になりますが肥厚性瘢痕はフラッシュ光線治療やレーザー治療で軽快します

白色瘢痕を治すにはフラクショナルレーザー治療が有効です

 

赤い傷跡(肥厚性瘢痕タイプの傷跡)の治療法をご紹介します

肥厚性瘢痕の治療には1・赤みをとる 2・盛り上がりをなくすの2点が必要です

フラッシュ光線レーザー治療で赤みを取りつつ盛り上がりをなくすことができます

 

肥厚性瘢痕タイプの傷跡の治療

傷跡瘢痕治療.jpg

傷痕(きずあと)治療前          傷痕(きずあと)フラッシュ光線治療後

 

赤く盛り上がった傷痕(きずあと) =肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん) の治 療 法 は赤みを取るにはフラッシュ光線治療 やイエローレーザー治療  

盛り上がりの改善に関してはロングパルスレーザー治療 が有効です

顔の傷跡治療(白色瘢痕)

 それでは次に白色瘢痕(成熟瘢痕)の治療法をご紹介しましょう

切り傷や擦り傷 手術の傷が赤みはひいたものの いつまでも傷が目立つ事があります

これが成熟瘢痕という傷の最終形です いわゆる傷痕(きずあと)です

成熟瘢痕は形成外科的には治療の最終到達点ですからそこで形成外科的治療は終了になります

ただし美容外科的にはこの傷跡をいかに目立たなくするかが重要になってきます

そこで最近開発されたのがお肌の肌質改善ができる フラッシュフラクショナル治療です 実際の症例をお見せしましょう

 

傷痕の治療(顔)

 顔の傷跡のフラッシュフラクショナルレーザー治療症例

顔の傷跡治療

傷痕治療前                    フラッシュ光線レーザー治療後

きずあとの修正は外科的方法が最も有効ですが ある程度まで行きますと 外科的方法では限界が出てきます 傷の幅をせまくして目立ちにくくはできるのですが それ以上目だなくすることは外科的方法(手術)では無理なのです これ以上の結果を求める場合は きずをぼかす治療が必要です フラッシュフラクショナルレーザーできずあと修正治療が可能です 

上の写真の→の傷跡をご覧ください  

フラクショナルレーザー治療前・後でかなりきずあとが 目立たなくなっているのがわかります

○で囲んだ部分の皮膚の凸凹もかなり改善されているのがわかりますね

リストカットの傷跡をうすくする治療

傷痕(きずあと)治療のなかでもちょっと特殊なのがリストカット症例です

実はリストカット・ためらい傷でお悩みの方はかなりの数いらっしゃいます

半袖になると人目につきますので 治したい希望の方は多数いらっしゃるのですが どこにいっていいか 何をやっていいかわからないでいます

わたしはリストカット症例にフラッシュフラクショナルレーザーを応用してリストカットの傷跡を目立ちにくくする治療を行っております その成果は美容外科学会でも発表しました

 

リストカットの傷跡の治療症例

リストカットの治療写真

リストカットの傷跡           フラッシュフラクショナルレーザー治療後

きずあとの治療

傷あとの治療

 

赤みは少ないが盛り上がりがある傷跡の治療

傷あと治療

傷痕治療前                   傷痕治療後

赤みはあまりないですが盛り上がりが目立つタイプの傷跡です この場合フラクショナルレーザー治療が有効です 盛り上がりを平らにしていく効果が期待できます 1カ月おきの治療を数回以上繰り返していくことにより 徐々に改善がみられます

 

 

赤みは少ないがへこみが目立つ傷跡の治療

傷痕 瘢痕治療

傷痕の治療 治療前             Co2フラクショナルレーザー治療後

こちらはかなり凸凹のある傷痕です 傷痕の凸凹がひどい場合はフラクショナル炭酸ガスレーザー治療が効果的です フラクショナル炭酸ガスレーザーは肌を平らにする効果が高いのです そのかわり赤みには効果がありませんので 赤みがある傷痕にはフラッシュ光線治療との併用療法をお勧めしています

 

 

赤みのある傷痕の治療

 赤い傷跡治療.jpg

傷跡治療前                       傷跡治療後

赤みのある傷跡の治療はまずは赤みを抑えてあげること それにはフラッシュ光線やDYレーザー LYAGレーザー治療が有効です 赤みを抑えると同時に盛り上がりを抑制するフラクショナルレーザー治療を併用していきます 1か月に1〜2回の施術を数回繰り返しますとこのように傷跡が消えてきます