ニキビ跡 にきびあと とは

 にきび痕(にきびあと)とは

ニキビ跡 にきびあとには2つのパターンがあります

1、ニキビのあとが赤くなってなかなかひかないタイプ いつまでも赤いニキビ跡

2、にきびができた跡が凹んで凸凹になっている肌のタイプ クレータータイプ

どちらのにきび跡かによって治療法はことなります

1の赤にきびあとの場合はフラッシュレーザー光線療法でよくなります

写真をお見せしばがら解説しましょう

                       

          にきびあと症例写真1ニキビ跡1.jpg

赤いにきびあと 治療前       赤いにきびあと治療後

ニキビが治った後もなかなか赤みはひかないことがあります

何年も赤みが残ったままのこともあり にきび以上にしつこいこともあります

こういった赤みが続くとご本人のストレスも大きくなります

いままでは このような赤ニキビあとはなかなか治す方法がありませんでしたが

フラッシュレーザー光線療法できれいにできます

 上の症例写真を見てください

フラッシュ光線療法で治療しました 赤いニキビ跡がきれいになっています

白いにきびあともよくなっています やや凸凹した感じが滑らかになっていますね

フラッシュ光線レーザー療法で治療しました

 

           ニキビ跡症例写真2

にきびあと2.jpg

赤にきび跡治療前        赤ニキビ跡治療後

にきびがなかなかひかずに赤くなっている方です まだ程度は軽いです

この程度ですと 数回のフラッシュ光線治療できれいになります

 

 

            にきびあと 症例写真3にきびあと3.jpg

赤にきびあと 治療前          赤にきびあと 治療後

こちらの方はかなり長い間赤いニキビ跡に悩まされている方です

1年以上この状態が続いていたとのことです

このような赤ニキビ跡はなかなか 自己ケアでは治りません

 フラッシュ光線療法を始めて次第に赤みはひいてきました 

治療完了後は赤いにきびあとはほとんど目立たなくなりました

 

         にきび跡症例写真4

にきびあと4.jpg

赤にきび跡治療前       赤ニキビ跡 治療後

こちらの方はかなり重症な赤ニキビ跡です フラッシュ光線療法を継続治療することで とてもきれいになりました 毛穴の開きもかなり目立っていましたので フラッシュレーザー光線療法で毛穴の引き締め治療も同時に行いました

            

赤にきびあとの治療症例写真です

赤ニキビでお悩みの20代女性ですの治療症例写真です

にきび症例写真.gif

フラッシュ光線 バフライト フラクショナルレーザー治療など総合的な治療を行いました

脂症で顔が赤く(赤ら顔) 赤にきびが多発 ニキビが治った後は赤くニキビ跡が残るタイプです

こういった方はいろいろな治療を組み合わせる必要があります 今できているニキビを抑えるだけではなく 新しくニキビができないようにする必要があるからです またにきび跡の治療も必要です にきびニキビ跡の治療は違うのです

この方は見違えるほどきれいになって喜んでいただけました ニキビ肌のかたの悩みはご本人でないとわかりません ニキビを気にして精神的に引っ込み思案になってしまう人もたくさんいます そういった方の助けに少しでもなれればと思います

      

にきびの皮脂を減らす

皮脂コントロールができている証拠写真をお見せしましょう 下の写真を見てください

やや青みがかっていますが これはお肌を紫外線フィルターを掛けて写真を撮ったものです 左が治療前  右が治療後です 何が違うかわかりますか?

 ○脂のつまりUV1kkモザイク.jpg 

治療前UV画像                  治療後UV画像

赤い点々がたくさんあるのがわかりますか? これは皮脂です 毛穴につまった脂です

治療前と 治療後で赤い点々の数を比べてみてください

治療後はだいぶ少なくなっているのがわかるでしょう

フラッシュレーザー光線治療によって皮脂が少なくなっているのがよくわかりますね

つまりフラッシュ光線療法は見た目だけでなく 皮脂そのものをコントロールして根本的ににきびを治療したり 赤ら顔を改善したりすることができるのです

 

にきびあとの治療写真

   にきび跡治療の症例写真をお見せしましょう

毛穴の開き 肌の凸凹 赤にきび跡 赤ら顔 の症状でお悩みの28歳女性の方です            

         にきび跡治療 赤いにきびあと)          

 赤いにきびあと治療 画像.jpg

       にきび跡治療 前          にきびあと治療

 

赤いにきび跡がいつまでも続くことがあります

赤ニキビはんこんといって 非常に治りにくい状態です

普通に治療したのでなかなか治りませんが フラッシュレーザー光線は効果があります

フラッシュレーザー光線療法で治療したのが上の写真です

赤にきびはんこんがきれいいに治ってますね

新しいニキビもできにくくなります

さらに フラクショナルレーザー療法も併用すれば

にきび跡の凸凹も改善可能です

        にきび・にきび跡の治療はDrとねがわクリニック

クレーターにきび跡の治療

       クレータータイプのにきびあと治療 画像

 ニキビ跡治療.jpg

   にきびあと治療 前      にきびあと治療 後

 

にきびあともいろいろなタイプがあります

どのタイプのにきび跡かによって治療法が違います

上の写真は白色成熟はんこんタイプといって

いわゆる にきびあとの凸凹です

クレータータイプ アイスピックスカーともいいます

肌から陥没してしまっているにきびあとは 非常に治療が難しいもののうちの一つです

肌を削ってしまうような過激な治療もかつてはありましたが

あまりに治療後のケアが大変なのと 炎症性色素沈着(黒くなってしまう)後遺症が

おきやすいため今はほとんど行われていません

わたしはこういった凸凹はんこんにきび跡には

フラッシュレーザー光線 フラクショナルレーザー療法を用います

ここまでにきびあとの凸凹が治せる治療はまず他にありません

       

にきびあとの治療とは

にきびにはいろいろな原因、ステージがあって、それによって治し方、対策が違います。スキンケア、化粧品対策ももちろん重要ですが、それだけでは十分ではありませんね。やはり、きっちり治療しないと治す ことはできません。
症例写真を見てください。この写真のように重症なにきび、吹き出物でも、フラッシュ光線治療でほぼ完全に治す ことができます。治療の目安は3ヶ月です。完治後もにきび予防にもなりますので、継続して治療するといいですね。スキンケア、化粧品、洗顔方法、皮膚科の保険治療のみではここまでの改善は期待できません。
にきび治療6.jpg


にきび治療のポイントは、にきびのステージを見極めてそれにあった治療を選択することです。高校生のにきびは赤にきびといわれる、毛穴の詰まり、脂性によるにきびのことがほとんどです。背中ににきびができることもあります。
I2PL バフライト ダイオードレーザーで治療しますにきび治療1.jpg



20才をすぎてできてくるなかなか治らないにきびは大人にきび の可能性があります。ホルモンが関与しています。不規則な生活やストレスが原因になります。毛穴の詰まりを改善する治療が必用です。ピーリングや、フラッシュ光線治療が有効です。スキンケアも平行して行います。プロアクティブを使う人もいます。
にきび治療3.jpg



大人にきびです。治し方がわからずにを自分でつけている方が多いですが、それでは治療になりません。原因を診断して予防、にきび対策、スキンケア、治療、洗顔指導、化粧品指導までやります。皮膚科で薬をもらうだけでも治りませんね。にきび跡になってからでは遅いです。特にあごのにきびは色素沈着をおこしてにきび跡になりやすいので注意が必用です。
にきび治療4.jpg



皮膚科の治療を1年間続けても治らなかった頑固なにきびです。 放置するとにきび跡になりますので注意が必要です<。アダルトにきび、大人にきびです。このような方は、背中ににきびができることも多いですね原因を見極めて対策治療しますと、にきび跡になることなく、この症例写真のようにきれいに治す事ができます。
にきび治療5.jpg

 

 

にきびとは なにか

 

にきびとは

 

にきびは白にきびー黒にきびー赤にきびー黄にきびーにきび跡
(赤にきび跡、にきび瘢痕) の各ステージがあり。ステージがすすむほど治しづらく、跡も残りやすい。できるだけ早いステージでの治療が必要なのは言うまでもなく、適切な処置を早期に行うことが、にきび痕を残さずキレイニ治す秘訣です。

 

白にきびは、毛穴に脂(皮脂)
が詰まった状態です。脂がつまって白く見えることから白にきびと呼ばれますが、
その本体は皮脂です。皮脂が詰まる原因として、毛穴の出口にあたる、「毛孔漏斗部」
というところの角化(硬くなること)があげられます。     寝不足、ストレス、嗜好品の過剰摂取、過食、疲労、喫煙、
過飲酒、などが毛穴の詰まりの原因となる毛孔漏斗部の角化のトリガーとなります。

 

黒にきびは、 詰まった毛穴の出口がよごれで黒くなったものです。
白にきびを放置すると皮脂がどんどんたまってきて、奥の方から、次第に表面へ皮脂が充満してきます。すると、 皮脂の一部が毛穴の出口に顔を出すようになります。皮脂は脂ですから、汚れを吸着しやすいです。
毛穴から顔をだした皮脂は次第に汚れを含んで黒く変色します。角栓といわれる状態です。
毛穴にふたができてしまった状態ですね。これが、黒にきびです。

 

赤にきびは白にきび・ 黒にきびに炎症が加わったものです
炎症の原因はにきび菌(アクネ桿菌)です。
毛穴の皮脂の中にはアクネ菌がたくさん潜んでいます。その働きが活発になると、
いわゆる感染症を引き起こし、局所的な炎症が発生します。それが、にきびが赤くなる原因です。
赤にきびはアクネ菌が繁殖したにきびです。感染したにきびですね。痛みを伴うようになります。

 

黄色にきびは赤にきびがさらにひどくなった状態です。
にきびが膿(うみ)を持った状態です。膿は、
にきび菌と体が戦った結果のにきび菌の死骸です。にきび菌を殺すために白血球がにきびに集まってきて、にきび菌を殺菌するわけです。その結果が黄色にきびなわけです。黄色は膿の色です。
こうなると、かなり痛いです。にきび跡もかなり残る可能性が高くなります。

 

にきび跡には2種類あります。

 にきびが収まった直後の赤にきび跡と呼ばれる、まだ炎症が残るにきび跡と、

炎症は完全に治まって、 白く陥没したような傷跡になってしまっている にきび瘢痕(にきび跡) です。  

 

赤にきび跡はまだ治る可能性があります。
とくにレーザーやIPL系の光治療が有効です。根気よく続ければ、跡を残さず完治が可能です。  白にきび瘢痕(にきび跡)
はこれは、傷跡の治療ですから、かなり難しくなってきます。形成外科的手腕が必要になってきますので、
皮膚科の先生では無理でしょう。炭酸ガスレーザーで削ったり、強めのピーリングで剥皮(皮をうすくはがす)したり、
フィラーを注入したりして治療しますが、効果はまちまちで、もともとの症状の程度にもよりますし、
施術する医者の技量にもよります。いずれにしてもかなりの高度な技術が必要です。

 

 

    赤ニキビ
ニキビ内田22.jpg

にきび内田33.jpg