脇毛脱毛(太く濃い脇毛)

         わき脱毛症例写真

999脇脱毛3.jpg

脇(わき)脱毛、フラッシュ光線で5回ほど脱毛したところです ほぼ完全に抜けています この方はかなり腋毛の濃い方ですが、これくらい濃い方でもフラッシュ光線脱毛で完全に永久脱毛できます。

 

脇の毛は1本1本が太くて濃いことが多いですから 脱毛としては非常にやりやすい部位になります

フラッシュ光線脱毛は1度に広範囲の脱毛が可能ですので

わきの脱毛であれば1回5分もかからないでしょう

 

これを5回ほど1か月おきに繰り返せば ほぼ永久脱毛の完成です

         

脇脱毛 経過写真

わき脱毛の経過写真です

8脱毛経過ハ真.jpg

治療前→5回治療後→2か月後→1年後


フラッシュ脱毛の経過写真です
2ヶ月に1回の照射を 5〜6回繰り返しますと、ほぼ永久脱毛になります。
症例は、施術前は自己剃毛により、肌が痛んで、毛穴の炎症がありました(写真左) 施術が進むにしたがって、毛がうすくなっているだけでなく、肌がきれいになっているのがわかると思います。

       

フラッシュ光線脱毛5回で完全に脱毛が完了し1年後にも毛の再生が見られないことから

フラッシュ光線脱毛は永久脱毛といっていいでしょう

脇毛脱毛に関する症例写真を集めました

脇脱毛の治療前後の写真集です フラッシュ光線によるわき脱毛を始めてからかれこれ10年以上たちますが脱毛症例も数千人に行っておりと思います その間一人も脱毛できなくて困った人はいませんでした 脇脱毛は間違いなくフラッシュ光線で永久脱毛が可能です 肌が赤くなっていたり 色素沈着がある方の脱毛も可能ですから 脇の皮膚が弱くて永久脱毛をためらっている方も フラッシュ光線脱毛をお試しください

 

              脇の脱毛1

○脇脱毛1.jpg

脇脱毛前               フラッシュ脱毛後

フラッシュ光線脱毛法なら普通の濃さのわき毛は難なく脱毛が可能です

 

             脇脱毛  2

○脇脱毛2.jpg

脇脱毛前               フラッシュ脇脱毛後

このように非常に濃くて太い毛の場合はかえってレーザー脱毛ですとリスクが高くなります

リスクとは皮膚を損傷する(やけどをおうリスクです)

フラッシュ光線脱毛は肌にやさしい弱い光を使いますので 肌を痛めることもなく 難なく濃くて太い毛の脱毛が可能です

 

 わき脱毛  症例写真3

○脇脱毛3.jpg

脇脱毛前             脇脱毛後 

このような長いわき毛の脱毛でも簡単にできます

 

わき脱毛  4

○脇脱毛4.jpg

左わき脱毛前           左フラッシュわき脱毛後

毛穴がぶつぶつしたような皮膚の処置にはフラッシュ脱毛が最適です 光線の作用で 脱毛と美肌治療を兼ねて行えます

 

 

わき脱毛  症例写真5

 ○脇脱毛5.jpg

わき脱毛前             フラッシュ光線わき脱毛後

 

うすい毛 少ない毛でも 脇の脱毛は可能です よほど細い産毛のような毛でない限り 脇脱毛は可能と考えていいです

傷んだ腋の脱毛

          傷んだ腋の脱毛

傷んだ腋の脱毛

 脱毛前(わきが赤くなっている)                フラッシュ脱毛後

自己剃毛で肌が荒れてしまった腋の脱毛

腋の皮膚が傷んでいる場合はレーザー脱毛は不適応ですからフラッシュ光線脱毛で行います 

皮膚をケアしながら脱毛ができるので 腋の脱毛をしながらスキンケアが可能です 

写真で見ていただいたように皮膚の赤みがひいて皮膚がきれいになっているのが分かります

 

 

赤い腋の脱毛

傷んだ脇 脱毛前                 フラッシュ光線で脇脱毛した後

 

治療前は脇が痛んで赤くなっているのが分かります

軽い皮膚炎を起こしている状態です

このまま放置しますと赤みが黒みにかわって色素沈着を起こします

 

フラッシュ光線脱毛により永久脱毛してあげれば

自己剃毛する必要がなくなり 自然と皮膚炎もおさまっていくのです

 

いたんだ肌の治療はレーザー脱毛できませんから

フラッシュ光線脱毛の適応になるのです