アファームマルチプレックスとは

フラクショナルレーザーアファームがアファームマルチプレックスに進化しました

従来のアファームとアファームマルチプレックスは何が違うのか?

どのような効果があるのか?

イラスト・写真を使って説明します

アファームマルチプレックス11.jpg

 

 

 アファームマルチプレックスは従来のアファームの波長1440nmに加え1320nmの波長を連続照射する技術です 厳密に言うと下の図のように先に1320nmが出て。15msec

( 15/1000秒)遅れて1440nmのレーザーが連続照射されます

アファームマルチプレックス3.jpg

 

 

1440nmと1320nmの違いは何なのでしょう?

それは下のイラストに示した光の深達度の違いです

従来のアファーム1440nmは皮下300μmまでですが 1320nmは皮下2000~3000μmと言われています

これにより 従来のアファームの効果(肌質改善)に加えて、たるみ・お顔の引き締め効果が加わりました また、より毛穴のケアも効果が出やすくなりました はんこん(きずあと治療)にも使えそうです

 アファームマルチプレックス22.jpg

 

 

1320nmと1440nmを連続照射することのメリットは

2つの治療を同時に短時間でできること です

1320nmでたるみ改善  1440nmで肌質改善の2つの効果が得られます

しかも  1、より簡便に  2、より短い時間で  3、より短いダウンタイムで 

施術可能です

アファームマルチプレックス4.jpg

 

 

アファームマルチプレックスの照射イメージイラストです

老化してハリのない肌へ  まずは1320nmレーザーを照射

アファームマルチプレックス55.jpg

次に1440nmを15/1000秒後に照射します  

これにより皮下300μmと皮下3000μmの層に同時に熱が加わります

よって肌質改善効果と肌の引き締め(たるみ改善効果)が同時に得られます

さらに フラッシュ光線療法を併用すれば 皮膚のほぼ全層をカバーできます

 

 

アファームマルチプレックス 症例写真

 アファームマルチプレックスは従来のアファームに比べて 深い皮膚の奥へ熱が伝達するため 肌質改善効果に加えてしわ たるみに改善効果が加わりました 

アファームマルチプレックスの実際の症例写真をご覧にいれましょう

 

 

1:法令線

アファーム 症例写真1・.jpg

アファームマルチプレックス治療前        アファームマルチプレックス治療後

法令線の治療もアファームマルチプレックスなら有効です あまりに深い法令線は無理ですが 多少しわが入った程度の法令線であれば 改善が望めます 法令線の周囲照射を繰り返し行うことによって 徐々に法令線が目立たなくなってきます

 

 

2: しわ 肌質改善

アファーム 症例写真2・.jpg 

治療前                    肌質改善治療後

アファームマルチプレックス治療が最も有効なのはこういった老化皮膚です 全体にしわしわしていて なんとなく張りがなく 肌もくすんでいるといったようなエイジングスキンは絶好の治療対象となります つまり 肌若返り療法です くすみ改善はもちろん しわ・たるみも改善できますので すべっと滑らかな肌によみがえることができるのです

 

 

 頬のしわ

アファーム 症例写真3・.jpg

アファームマルチプレックス治療前     治療後 しわの改善がみられた

 

 光老化皮膚はアファームマルチプレックスの最も得意とする治療分野です 光老化によって皮膚の浅層 がダメージが受けます それに対して1440の光で対応し 光老化によるコラーゲンの変性・減少にたいしては 1320の光で対応します

このようにダブルの光で対応するため  治療適応が広がったのです

 

 

口周りのしわ

アファーム症例写真4・.jpg

アファームマルチプレックス治療前       アファームマルチプレックス治療後

 

たるみ改善治療にアファームマルチプレックスは使われます 口回りの弛緩した皮膚に対してアファームマルチプレックス治療してもたところ ラジオはに勝るともおらない結果が確認されました しかも肌のテクスチュアもよくなるというおまけつきです ラジオ波治療より簡単にできますから その点も治療を受けやすいですね

 

 

 

   口周りのしわ

アファーム症例写真5・.jpg

口の上のしわ 治療前                      口の上のしわ治療後

 口の上に細かいしわが無数にできることがあります これは非常に老けた印象になりますから 治したい症状のうちの一つです ラジオは治療 赤外線治療などもいいですが これくらいの細かいしわですと アファームマルチプレックス照射が有効です 口の周りに張りが出て しわが治ります

 

 

肉われ

アファーム症例写真6・.jpg

肉割れ治療前          肉割れ治療

 

肉割れはストレッチマーク 皮膚線条ともいわれ 皮膚が裂けた状態です 急に太ったり 妊娠したりして皮膚が急速に伸展した時にできます 思春期にあまりに成長が早いと 皮膚が追い付かずに肉われができることもあります

肉割れの治療は今までほとんどありませんでしたが アファームマルチクレックスであれば 肉われを改善することができるのです

 

   顔の引き締め

アファーム症例写真7・.jpg

顔の引き締め治療前           顔の引き締め治療後

 

スキンタイトニングといって 皮膚をひきしめ しわたるみを治す治療はラジオ波が得意なのですが アファームマルチプレックスでもスキンタイトニングできます しかも肌質改善も同時にされますから 一石二鳥です

 

 

  首のたるみ

アファーム症例写真8・.jpg

首のたるみ治療 前          首のたるみ治療 後

 

マルチプレックスであれば 首のたるみ治療にも対応できます 痩せている人で チキンネックといわれる状態になっている人は 特に有効です

 

 

 

首のたるみ しわ

アファーム症例写真9・.jpg

首のしわ治療前           首のしわ治療後

 

首の老化皮膚もきれいにできるのがアファームマルチプレックスです 首のたるみとくすみに対応します肌ががさがさして張りがない感じも改善できます