しみとは

しみとは  :しみとは一般用語で医学用語ではありません 医学的に「しみ」に相当する言葉は「皮膚色素沈着症」です しみ=色素沈着症は以下の6タイプに分類されます

日光黒子(老人性色素斑)  2雀卵班(そばかす)  3肝斑(かんぱん)  4色素沈着  5脂漏性角化症(もりあっがたしみ)  6真皮メラノサイトーシス(遅発性太田母班)

いずれもフラッシュレーザー光線療法できれいに消す治療ができます

私(Dr.とねがわ)はテレビ「たけしの本当は怖い家庭の医学」出演時にご紹介して大反響を頂いたフラッシュ光線療法でしみを治療しています

 

           しみ治療はDR.tonegawa  clinic

 

しみ治療 1.日光黒子(老人性色素班)

もっとも代表的なしみである 日光黒子老人性色素班)の治療例をご紹介しましょう治療法はレーザー治療またはフラッシュ光線療法です

わたしはおもにフラッシュ光線療法を用いてしみの治療を行っております

私が治療したしみの症例写真をお見せしましょう

 

       Dr.とねがわ しみフラッシュ光線治療 写真1

(写真掲載にあたり 患者さんにご快諾いただきました ありがとうございました)

しみ治療写真11.jpg

しみ(日光黒子)治療前         しみ(日光黒子)フラッシュ光線治療後

丸く大きく茶色のしみが日光黒子(老人性色素班)紫外線の影響でできる最もオーソドックスなしみです

フラッシュ光線療法で治療しました 複数あるしみがきれいに取れています

 

 

       Dr.とねがわ しみフラッシュ光線治療 写真2

(写真掲載にあたり 患者さんにご快諾いただきました ありがとうございました)
単発シミ2.jpg

顔のしみ(日光黒子)治療前       顔のしみフラッシュ光線療法で治療後

単発のしみ(日光黒子)です I2PLフラッシュ光線治療できれいに取れました。

 

 

     Dr.とねがわ しみフラッシュ光線治療 写真3

(写真掲載にあたり 患者さんにご快諾いただきました ありがとうございました)

○しみフラッシュ光線治療画像1.jpg

しみ(日光黒子)フラッシュ光線治療前  しみ(日光黒子)フラッシュ光線治療後

右頬に大きな丸いしみがあります 日光黒子です お肌も全体的にくすんでいますね

フラッシュ光線療法を5回ほど行いました しみは徐々にうすくなってほとんどわからないくらいまでに消すことができました  

 

       

      Dr.とねがわ しみフラッシュ光線治療 写真4

(写真掲載にあたり 患者さんにご快諾いただきました ありがとうございました) ○しみ2.jpg

しみ(老人性色素班)治療前        しみのフラッシュ光線治療後

こちらの方は 2002年6月に治療を行いました 今から7年前ですね

フラッシュ光線が初めて日本に入って来て一番最初にしみ治療をやった方です

しみがきれいに取れて 私自身も驚いた経験があります それまでしみの治療といえばレーザーしかなかったのですが フラッシュ光線という新しい治療法が誕生した瞬間でした

      

        Dr.とねがわ しみフラッシュ光線治療 写真5

(写真掲載にあたり 患者さんにご快諾いただきました ありがとうございました)○しみ1.jpg

 しみの治療(鼻)治療前          しみのフラッシュ光線治療後

こちらの方も7年前に最初にフラッシュ光線でしみを治療した方です

フラッシュ光線療法でしみを非常にきれいに消すことができています いまだにしみの再発は見られません

                           

 

       Dr.とねがわ しみフラッシュ光線治療 写真6

(写真掲載にあたり 患者さんにご快諾いただきました ありがとうございました)

○しみ3.jpg

しみ(日光黒子)治療前          しみをフラッシュ光線で治療後

丸い茶色のしみは日光黒子というしみです 最も一般的なこしみは フラッシュ光線できれいに消すことができます

 

 

      Dr.とねがわ しみフラッシュ光線治療 写真7

(写真掲載にあたり 患者さんにご快諾いただきました ありがとうございました)    

しみ多発症例写真.jpg

フラッシュ光線治療前         フラッシュ光線治療後

このように顔全体に、しみが多発しているタイプの方はわりと多いですね。こういった方の治療は、レーザーでは追いつきませんし、ダウンタイム(かさぶたができる)がひどすぎて、日常生活にさしつかえがあります。
フラッシュレーザー光線療法の最もいい適応です。



       Dr.とねがわ しみフラッシュ光線治療 写真8

(写真掲載にあたり 患者さんにご快諾いただきました ありがとうございました)
シミ多発3.jpg
しみフラッシュ光線治療前         しみフラッシュ光線治療後

大きなしみと小さなしみが混在した状態です。一般的にしみはひとつではなくこのように多発することが多いですね。このような皮膚全体のしみにはフラッシュ光線(I2PL IPL)が最もいい適応です。顔全体に治療することにより、選択的にしみが消えますし、肌の状態が良くなり、美肌になります。

 

     

         Dr.とねがわ しみフラッシュ光線治療 写真9

(写真掲載にあたり 患者さんにご快諾いただきました ありがとうございました)

しみ治療 フラッシュ光線写真.jpg

 しみ(日光黒子)治療前          しみ(日光黒子)フラッシュ光線療法後

しみ フラッシュ光線治療写真.jpg

しみ(日光黒子)が多発しています 顔のしみが左右の頬にあります

フラッシュ光線療法で5回ほど施術を行いました

非常にきれいにしみが取れました ご本人も大変お悦びで 写真掲載をご快諾いただきました ありがとうございました

 

以上の症例写真を見ていただければわかりますように しみの治療にはフラッシュ光線療法が非常に有効です しみでお悩みの方はフラッシュ光線療法治療しましょう

                     Dr.とねがわクリニック院長 利根川均

           しみの治療はDRとねがわクリニック

            

             しみのページトップへ

しみ治療  2.そばかす(雀卵斑)

しみの治療2 ソバカス

そばかすは遺伝性のある両ほほ~鼻にかけて出来る細かい褐色班です

私はフラッシュレーザー光線で治療を行っております

そばかすはフラッシュレーザー光線療法で非常にきれいになります

レーザー単独療法より フラッシュレーザー光線療法のほうが結果がいいです

私がフラッシュ光線で治療したそばかすの症例写真をお見せしましょう

 

       Dr.とねがわ そばかすフラッシュ光線治療 写真1

 そばかす治療しみ 11.jpg

そばかすフラッシュ光線治療 前  そばかすフラッシュ光線治療 後
典型的なソバカスの症例です フラッシュ光線で治療しました レーザーは使っていません もちろん後遺症 副作用はありません

そばかすは小さな茶色い班が多数あるためレーザー治療でひとずつ治療するより
フラッシュ光線で全体をまとめて治療したほうが痛みも少ないですし効率的です
そばかすだけでなくしみ(老人性色素班)を合併している方も一緒に治療できます
 
 

 Dr.とねがわ そばかすフラッシュ光線治療 写真2                そばかす・かんぱん治療写真.jpg

そばかす治療フラッシュ光線 前  そばかす治療 フラッシュ光線 後

そばかすが子供の頃からあった上に、日焼けを重ねた結果、顔中がそばかす・しみだらけになってしまった方です。レーザー治療よりそばかす改善治療にはI2PLフラッシュ光線療法が適しています。


    Dr.とねがわ そばかすフラッシュ光線治療 写真3             
そばかす・ほくろ治療 写真3.jpg

そばかす・ほくろ治療フラッシュ光線前 そばかす・ほくろ治療フラッシュ光線

21歳の女性です 5回のI2PL・フラッシュ光線治療で完全にそばかす消すことができました。

そばかす治療のポイントはフラッシュ光線療法で徐々にうすくすることです
いきなりレーザーを使いますと顔中かさぶただらけになって大変なことになります
フラッシュ光線でできるだけうすくして どうしても取れにくいそばかすにのみ単発でレーザー光線を使いますと 結果もよくきれいにそばかす消すことができます
ほくろもフラッシュ光線でうすくなっているのがわかると思います

 

    Dr.とねがわ そばかすフラッシュ光線治療 写真4            
そばかす治療 ほくろ治療 画像.jpg

 そばかす・ほくろ治療 前    そばかす・ほくろ治療 後
 

そばかす治療するならI2PLフラッシュ光線が一番です。化粧品ではそばかすは治りません。そばかす治療方法はフラッシュレーザー光線療法(I2PL+レーザー)が最もきれいに治せる方法です。

 

 

そばかす+しみの症例>

そばかすがある人が 日焼けを無防備にしていると 顔中がシミだらけになってしまうことが多いです そばかすがある方は シミができやすい肌質なのです とにかく顔中にしみができますので 見た目的にもよくありません あきらめていらっしゃる方が多いです 

そばかす+シミはフラッシュ光線療法で非常にきれいになります  写真をいくつかご紹介しながら説明しましょう みなさんとてもきれいになられて 「同じ悩みをもつ方がきれいになる参考になれれば」と写真掲載もこころよく引き受けてくださいました ありがとうございます

 

       Dr.とねがわ そばかすフラッシュ光線治療 写真5

しみ くすみ 治療 写真 画像.jpg

フラッシュ光線治療前             フラッシュ光線治療後

 そばかすがもともとあって 日焼けでシミが増えてきたとのことです このような方はそぼかすしみも小さいものがたくさんできますので レーザー治療で1個づつ処置していくのは大変なことです 顔中がかさぶただらけに真黒になってしまうのもつらいものがりますので レーザー治療はお勧めできないのです 

 フラッシュ光線はかさぶたもできずに徐々にうすくなりますから 日常生活にも差し支えがないのです しみ・そばかす治療にフラッシュ光線療法をお勧めする理由はここにあります

 

       Dr.とねがわ そばかすフラッシュ光線治療 写真6

しみ くすみ 美白 写真.jpg

しみ・そばかす治療前           フラッシュ光線レーザー療法後

そばかすしみが顔全体にひろがっています  フラッシュレーザー光線で5回ほど処置しました 肌も白くなって 顔全体が非常にきれいになっていますね フラッシュレーザー光線療法はしみそばかすを消すだけでなく 肌全体も白くしますので 非常にきれいになった印象を受けます

 

 

      Dr.とねがわ そばかすフラッシュ光線治療 写真6

しみ そばかす くすみ 治療.jpg

そばかす・しみ治療前             そばかす・しみ治療後

この方のそばかすはかなり細かいですね こういったそばかすこそフラッシュ光線療法で非常にきれいになります しみそばかすが小さければ小さいほど 細かければ細かいほどフラッシュ光線療法が効果を発揮します

 

          そばかす治療はDrとねがわのクリニック 

しみ治療  3.かんぱん

 しみの治療 3.かんぱん

かんぱんとは両頬にうっすらと茶褐色にひろがるしみです 治療不能のしみと言われていましたが フラッシュ光線療法うまく使いますと うすくすることができます

私がフラッシュ光線療法で治療したかんぱんの症例写真をお見せしましょう

 

    Dr.とねがわ フラッシュ光線かんぱん治療 写真1

かんぱん・肝斑 治療 画像.jpg 

この方はかなり重症のかんぱんです  おでこ ほほ 口周りまで  ほぼ顔全体にかんぱんが見られます  ここまでひどい方は いままでならお手上げ でしたが フラッシュ光線を使えば 重症のかんぱんでもかなりきれいに治せるようになってきました  フラッシュ光線療法のかんぱんバージョンで治療しています

この設定は 私が経験上あみだした設定であり  フラッシュ光線をただ単に照射するだけでは 肝班・かんぱんは治りません  かんぱんに関する治療は当院わたくしオリジナルな治療法です

 

     

    Dr.とねがわ フラッシュ光線かんぱん治療 写真2

カンパン 画像Before After.jpg

 フラッシュ光線治療前      フラッシュ光線治療後

 

この症例はかんぱんシミ(日光性色素斑)の合併した症例です  こういった場合の治療は非常に難しく 熟練が必要です  かんぱん日光性色素斑(しみ)治療は正反対です  ですから日光性色素斑を治そうとして強い治療をすると  かんぱんがかえって濃くなってしまいます  かんぱん治療は正しくしましょう

       

 

  Dr.とねがわ フラッシュ光線かんぱん治療 写真3

かんぱん 治療 画像 体験談.jpg

このように顔全体(頬全体)に拡がったかんぱんは レーザー治療は禁忌(やってはいけない)です かえってかんぱんが悪化します

このタイプのカンパンにはフラッシュ光線療法が一番です  うまく設定して治療がはまれば 写真のように非常にきれいになります  かんぱんを治すなら フラッシュ光線療法しかありません  フラッシュ光線療法なら治療中もお化粧できますし  かさぶたもできません  面倒なお手入れも一切なしです

かんぱんでお悩みの方は迷わずDr、とねがわお勧めのフラッシュ光線療法です

   

 

    Dr.とねがわ フラッシュ光線かんぱん治療 写真4

かんぱん正面 治療前 治療後1.jpg

かんぱんでもあきらめる必要はありません

Dr.とねがわ開発のフラッシュ光線療法(かんぱんバージョン)なら ここにお示しした写真のように 非常にきれいに治ります  治療は1カ月おきに5回が目安  徐々にカンパンが薄くなります  あきらめるしかなかったかんぱんでも  フラッシュ光線なら治る可能は高いのです

 

 

     Dr.とねがわ フラッシュ光線かんぱん治療 写真5

 かんぱんシミ治療画像.jpg

このかたは男性ですが 男性のかんぱん症例も最近増えてきています

この画像はかんぱんとシミ(老人性色素斑=日光性黒子)の合併症例です

鼻すじ〜両ほほに薄黒い感じに広がったかんぱんに丸いシミ(日光性黒子)がかさなって できていますが フラッシュ光線療法できれいになっています

        かんぱんページトップはこちら

       かんぱん治療ならDrとねがわのクリニック

しみの治療 4.色素沈着

しみの治療 4.色素沈着

色素沈着治療の症例写真をいくつかご紹介します

いずれもフラッシュ光線療法で私が治療したものですが同じフラッシュ光線療法といってもそれぞれ設定・施術法は違うのです 臨機応変に症例に対応した設定をしてあげることが いい結果を出す秘訣なのです これは経験がないとできないことです  特に色素沈着の治療は経験を要します

 

       Drとねがわ フラッシュ光線療法症例写真1 しみ・色素沈着 ○しみ6.jpg

しみ・色素沈着 フラッシュ光線治療前     フラッシュ光線治療後

この方のシミ・色素沈着はかなり重症です しみというより色素沈着ですね こういった場合は通常に設定にちょっと工夫を加えて施術してやる必要があります このような難しい症例はただ機械なりに施術したのではいい結果は出せません

 

 

     フラッシュ光線療法症例写真2 しみ・色素沈着治療○色素沈着1.jpg

(写真掲載にあたり ご本人の了解をいただきました ありがとうございました)  

ちょっと変わった症例をご紹介しましょう 顔の色素沈着(しみ)です かなりの広範囲です 真ん中を残して 上 下を治療しました 写真に→が書いてある部分です

治療したところだけ きれいに色素が抜けているのがわかりますね

      しみ・色素沈着治療はフラッシュ光線のDRとねがわ

しみの治療  5.もりあがったしみ

しみの治療  5.盛り上がったしみ

しみの中でも やや盛り上がったタイプのしみがあります  これは老人性ゆうぜい または脂漏性角化症といわれるしみです  盛り上がったタイプのしみもフラッシュ光線療法で治療できます  私がフラッシュ光線で治療した盛り上がったシミの症例写真をいくつかお見せしましょう

       

    Drとねがわ施術症例写真 盛り上がったシミ 症例写真1○もりあがったしみ4.jpg

盛り上がりのあるしみ治療前   盛り上がりのあるしみ治療後

鼻にできた盛り上がりのあるしみ(老人性ゆうぜい)です フラッシュ光線療法1回で消すことができました

 

 

      Drとねがわ施術症例 盛り上がったシミ 症例写真2○もりあがったしみ5.jpg

しみ 治療前             しみ 治療後

しみの一部が盛り上がっています 日光黒子と老人性ゆうぜいの合併したタイプです

フラッシュ光線で 日光黒子も老人性ゆうぜいもいっぺんに治療できます

 

    

    Drとねがわ施術症例 盛りあがったしみ 症例写真3

○もりあがったしみ6.jpg

盛り上がりのあるしみ    盛り上がりのあるしみ 治療後

頬にできたかなり固く盛りあがったシミです 炭酸ガスレーザーで焼き焦がす治療もできますが 多少傷になるい可能性がります フラッシュ光線で治療すれば傷にならずにきれいに治療できるのです

    

   盛りあがったしみ治療なら DRとねがわ美肌クリニック

しみの治療 6.遅発性太田母班

しみの治療 6.遅発性太田母班

6番目のシミはちょっと変わったシミです しみというよりあざに近いです ただし 生まれつきあるわけではありません 通常は20歳前後からでき始めます 普通のシミよりやや青っぽいのが特徴です  できる場所は 両頬の頬骨の出っ張ったあたり  次第に濃くなり 数が増えます  一度でき始めると自然に消えることはまずありません  このしみはちょっと特殊な治療が必要ですが きちんと治療すればすごくきれいになりますので このしみでお悩みの方は 治療を受けに来てくださいね  遅発性太田母班もフラッシュレーザー光線療法できれいにすることができるのです

  

  Drとねがわ治療症例写真 特殊なシミ(ダーマルメラノサイトーシス)の治療

太田母斑 消す 治療 写真.jpg

太田母斑治療前           フラッシュレーザー光線治療後(治療途中)

右の写真はシミ(ダーマルメラノサイトーシス)がかなり薄くなってはいますが これはまだ治療途中の写真です 現在も治療を続けていますが これからもっともっとシミ(遅発性太田母班)は薄くなります

このしみはかんぱんと合併することも多く そうなるとかなり治療は複雑です キチンとした治療をすれば非常にきれいに治りますから ぜひ私のところにご相談にいらしてください