本当は怖い家庭の医学に出演しました

緊急警告 たけしの本当は怖い家庭の医学に出演しました

本当は怖い家庭の医学 バナー1.jpg

 

【しみ】【しわ】【たるみ】一挙解決美容医学スペシャル 

2007年7月10日 TV朝日系列で全国放送

2009年3月15日再放送

院長:北野武  MC:渡辺真理 ゲスト患者 安藤和  山田邦子 麻木久仁子 だいたひかる 酒井彩奈 ほか

 

本当は怖い家庭の医学 美容医学特集 出演.jpg

このときの反響があまりに大きく 番組でご紹介したフラッシュ光線療法は希望者が殺到する事態となりました

また 番組の内容をもう一度見たいというご要望が多いため

ここに 番組内容のダイジェスト版をご紹介させていただきます

フラッシュ光線療法(たけしの本当は怖い家庭の医学 美容医学特集より)

しみ治療   フラッシュ光線療法

1 フラッシュ光線療法 .jpg
写真撮影で使われる
フラッシュの強力なものを使う事から
フラッシュ光線という名前が付きました
施術時間 約10分〜20分

  


光による熱でしみの元となるメラニンを破壊
2フラッシュ光線療法.jpg

それではなぜ 光でメラニンが破壊できるのでしょう?
 

 その理由とは

光の波長にポイントがあるのです
メラニンと同じ色にだけ反応する波長の光を使います
3フラッシュ光線療法.jpg

メラニンに反応する光の熱でメラニンが破壊されます
 

 

 それでは実験してみましょう

肌と同じ色のか紙にフラッシュ光線をあてても反応しませんが

 4フラッシュ光線療法.jpg

シミとおなじ茶色い紙にだけ反応します

 

これこそがフラッシュ光線がしみ以外にダメージを与えず

しみをきれいに消せる原理なのです

 

 

 

 

それでは、実際にフラッシュ光線でしみを治療した人の写真を見てみましょう

フラッシュ光線しみ症例写真1-1.jpg

フラッシュ光線治療前  しみ          フラッシュ光線治療後  しみ

フラッシュ光線数回の治療でシミが見事に消えているのがわかります

 


  

施術内容
1
ヶ月に1
3
回〜5回の施術でしみは消えその効果は半永久的に持続します

従来に比べて傷になりずらい かさぶただできない
当日よりメイクすることが可能

 
料金
1回6万円〜
しみの数や種類によって金額が違う


それではここで

しみの種類の解説です

 

 

老人性色素班             そばかす

5シミの種類.jpg

脂漏性角化症                 肝斑

比較的簡単に治療できるもの
老人性色素班、雀卵班(そばかす)
脂漏性角化症(年寄りいぼ)

取れにくいしみだが治療は可能なもの
肝班(かんぱん)

 

老人性色素班
紫外線の影響によってできるしみ
加齢や日焼けなど

フラッシュ光線できれいにできます

雀卵班(そばかす)
遺伝性のあるしみで子供のころからある

フラッシュ光線療法で非常にきれいに消せる

脂漏性角化症(年寄りいぼ)
盛り上がったイボ状のしみ

肝班(カンパン)
両頬に左右対称に出来ることが多い
最も取れにくいが治療は可能

フラッシュ光線かんぱんバージョンできれいに消すことができおます

                  

       

ラジオ波療法

次はたるみ治療のラジオ波療法です

 

ラジオ波療法(たけしの本当は怖い家庭の医学 美容医学スペシャルより)

たるみ治療   ラジオ波療法


1ラジオは療法.jpg
 

たるみの原因は真皮と皮下組織にあるため
光をあててもあまり効果がない
2ラジオ波療法.jpg

たるみの原因
1、コラーゲンのゆるみ
2、線維組織のゆるみ
 4ラジオ波療法.jpg




ラジオ波は皮膚の23ミリ下の線維組織に作用して
熱を発し縮ませます

6ラジオ波療法.jpg

 

コラーゲンを収縮させます

コラーゲン収縮.jpg

 

 

時間をかけてコラーゲンを再生します

半年以上かかります
 新しいコラーゲン再生.jpg

それでは実際にラジオ波治療を受けた人を見てみましょう

たるみ症例写真2ラジオ波治療1.jpg

1回のラジオ波治療でたるみが治って お顔が引き締まったのがわかります


このラジオ波治療は
肝臓がんなどの治療に使われていた技術を応用したもの

施術内容
1
1時間の施術で2〜3年有効

料金
1回約20万〜

 

フラクショナルレーザー療法

次はフラクショナルレーザー療法 アファームです

フラクショナルレーザー療法(たけしの本当は怖い家庭の医学 美容医学スペシャルより)

肌質改善治療  フラクショナルレーザー療法

 

1 フラクショナルレーザー療法.jpg



レーザー光

従来のレーザーは1本でピンポイントに治療していましたが
このレーザは1センチ四方に1200本のマイクロビームを発射

レーザー光を分散照射することにより皮膚へのダメージを最小限に抑えます
 2 フラクショナルレーザー療法.jpg

 



フラクショナルレーザーを照射することで
皮膚に0.1mm程の見えない小さな穴が無数にできます
3フラクショナルレーザー療法.jpg

 

この細かい傷口を治すために
皮膚が大量のコラーゲンを生み出します
6 フラクショナルレーザー療法.jpg

フラクショナルレーザー治療をくり返すことにより皮膚そのものが広範囲にわたり再生される
身体の自然治癒力を利用した治療です

 

 

フラクショナルレーザーによ肌質改善療法 治療前・後

フラクショナルレーザー療法肌質改善Before.jpg     

フラクショナルレーザー療法肌質改善After.jpg 

 

施術内容
1
ヶ月に1回20分程度

3〜5回の施術で肌質改善に有効

治療対象:にきび跡 ニキビ跡 凸凹肌改善 くすみ 毛穴 傷痕(きずあと)

料金
1回あたり5万円〜

             

多血小板療法

次はしわとり治療の自己多血小板療法です

多血小板療法

しわ治療 自己多血小板療法

しわの治療に自分の血液を使う再生医療 自己多血小板療法が最近にわかに注目されています
1 多血小板療法.jpg
自分の血小板を使って治療する

1、患者の血液を採取
2、血液を遠心分離機にかけ血小板を抽出
3、血小板をしわの部分にそって少しずつ注射していく
2 多血小板療法.jpg

 

そもそも血小板とは
出血したときなどに血液を凝固させ止血する成分
傷口から血がでても止まるのは血小板のおかげです
3 多血小板療法.jpg

 

この治療のポンイントは身体を騙す!

体を騙すとはどういうことでしょう?

説明しましょう

 

しわの部分に血小板を注入すると
4 多血小板療法.jpg
 

 

血小板はすぐにその場で凝固

しわが即自的に盛り上がって目立たなくなります
(シワを伸ばす第一段階)
5 多血小板療法.jpg

 

血小板治療の効果は それだけではありません

 次に

血小板はこの場所が怪我をしたと勘違いして
傷を治そうとある物質を増やす因子を放出して傷を治そうとします

それがコラーゲンです
6 多血小板療法.jpg

新しいコラーゲンが増えることで
肌の張りや弾力性が向上
長時間にわたって効果が持続します
7 多血小板療法.jpg

 

 

それでは自己多血小板療法で治療した方の写真を見てみましょう 

しわ症例写真2 血小板療法.jpg  しわ症例写真2 血小板療法After.jpg
目の下のしわ                 自己多血小板療法後

目の下のしわが血小板療法によってなくなっているのがわかります

 

 

 多血小板療法によるしわ治療前・後 症例写真2

血小板療法2Before.jpg  血小板療法2After.jpg

    

そもそもこの方法は
歯科や形成外科などで
傷口の再生を促すなど5年ほど前から
使用されていたもの
自分の血小板を使うため副作用がなく
身体に優しい治療法として期待されています
 

施術内容
1
回の施術で約1年間有効
ある程度施術すれば自分のコラーゲンが十分生産されてくる
のでずーっと続けなければいけないというわけではない
当日からメイクができる!

料金
1回約15〜30万
施術する箇所の数によって違う

血小板の注入量にっよって違う