日経ヘルス2003.11で紹介されました

日経ヘルス掲載 表紙.jpg
日経ヘルス掲載

 

人に気づかれずにシミを消す方法

日経ヘルスkiji.jpg
↑クリックすると拡大します

           人に気づかれずシミを消す
           肌を傷つけない新光線療法


ーレーザーは痛いというのは昔話。最新の光線療法は肌表面を傷つけずにシミを消すー

 照射後に肌を傷つけない冷却併用の光線療法
 
 レーザーなどの光を使う光線療法は怖いーそう思っている人は少なくないはず。従来のレーザーは、メラニン色素とともに、肌の表面も吹き飛ばすので、治療を受けたあとは1週間ほど、絆創膏などでケアする必要があった。しかも、この傷に伴う色素沈着が数ヶ月残ることもあった。
 
 ところが最近、肌の表面を冷却しながら光線を当て、傷をつけずにシミだけを消す新しいレーザーやフラッシュ光線の治療機が増えた。
 さらに、「新しいフラッシュ光線療法では多くのシミ、くすみが、数回の照射でうすくなる」と利根川先生はいう。従来のフラシュ光線療法のように10回以上の照射は必須でないという。
 
 治療後は破壊されたメラニン色素が肌表面の角質に黒く浮き上がるが、1週間ほどでポロポロ取れる。その間は化粧で隠せるので、人目も気にならない。

 
 ーフラッシュ光線療法とはー 様々な波長の光をヘッド面から照射する。ソバカス状のシミ、輪郭がはっきりしないシミに向く。「メディラックス」はヘッド部の鏡で、照射時の反射光を再びシミに当てることで効果を高めた。低エネルギーで効き、正常な肌へのトラブルが少ない。


 シミを消し、小ジワ毛穴の開きも改善する


 こうした新治療のもうひとつの魅力は、シミと同時にシワ治療も期待できる点だ。
エリプスフレックス I2PLという機械を使うフラッシュ光線療法は、特にシワへの効果が高い。シミにも当然効果があり、明るくきめの整った肌になる」と利根川部長は話す。


ー体験談ー

気づかれないうちにこんなにキレイ!

 右のほおのシミが5年ほど前から気になりだしました。そばかすも昔から多く、肌はくすみがちです。初回の照射はまったく痛くなくてびっくりでした。ただ、メラニンがあるところにあたると、一瞬ピリッと。ほおの横側でぴりぴりしたのでくすんでいたのを実感しました。家に帰って、しみの部分を見るとシミの中に黒くこげたようになっている部分を発見。その黒い点が、1週間ほどでポロポロ取れると、明るい肌を実感できました。シミも色がうすくなりました。  
              機械による計測 メラニン指数261→237

 
 

2005 スキンケアバイブル 日経BPムック 日経ヘルス編 2005 スキンケアバイブル (日経BP社)に頼れるドクターとして掲載

スキンケアバイブル 表紙.jpg

スキンケアバイブル 記事1.jpg


スキンケアバイブル2.jpg
↑クリックすると拡大します

マイルドなレーザーや光で肌を傷つけず美白

 従来のレーザによるシミ治療はメラニンを一挙に分解するエネルギーを使うのガ主流。肌表面は熱変性し、カサブタになるので、治療後のケアが必要だった。 
ところが、フラッシュ光線を肌表面を傷つけないよわいパワーで当てても、メラニンガ壊れ、自然に排出することがわかってきた。この方法では効果を実感するまで5〜6回施術を受ける必要がある。一方で、シミ以外への効果が得られる。
「フラッシュ光線の熱でコラーゲンが増え、代謝も上がるせいか、シワやタルミへの効果も高い」と利根川先生は言う。


 フラッシュ光線&レーザー療法

 治療のメカニズム
 フラッシュ光線が角栓や毛穴入り口のメラニンに作用する。レーザーは皮脂腺を部分的に破壊するとともに、真皮に作用し、コラーゲンを増やして毛穴を縮める。

日経ヘルス 2005.8 で紹介されました

日経ヘルス2月号表紙.jpg

日経ヘルス記事 毛穴の治療.jpg
↑クリックすると拡大します

肌をふっくらさせ毛穴を締める 
フラッシュ光線&レーザー療法


 毛穴の開きとたるみを同時に何とかしたい。そんな人にお薦めなのが、フラッシュ光線とレーザーを併用して肌を活性化する治療法だ。
 「フラシュ光線は比較的肌の浅い部分、ダイオードレーザーは皮脂腺と肌の深い部分の真皮に作用する。
皮脂腺は部分的に破壊され、真皮ではコラーゲンの再生が促されるので、治療を繰り返すうちに肌がふっくらしてきて毛穴が目立たなくなる。
さらに、レーザーは黒色に反応して焼くので、毛穴の黒ずみも取れる。」と利根川先生
 この治療をすれば、30歳代頃までの悩みである「皮脂が多く角栓がつまった毛穴の悩み」も、50歳代以上の「加齢によりたるんだ毛穴」でも効果が望めるという。(記事より抜粋転載)

日経ヘルス 2004.7. で紹介されました

日経ヘルス 表紙3.jpg

日経ヘルス記事3.jpg
↑クリックすると大きくなります

フラッシュ光線療法が進化
絆創膏不要でシミが自然に取れる

 
 くすみや小ジワなど様々な悩みを解決できると話題になったフラッシュ光線療法。それが進化し、シミ対策のターゲットになるメラニン色素に対してだけ、より高いエネルギーを加えられるようになった。

新しいタイプの機械I2PLでは、熱をださずに、メラニンに効く波長を使うので、やけどなどのトラブルが少なくシミが取れ、ダウンタイムは少ない。
 
フラッシュ光線療法は本来レーザーとは異なるが、レーザーをマイルドにした治療と考えて間違いない。細かくて多いシミや、ソバカスに似たタイプのシミにフラッシュ光線療法は向く。

「顔全体にフラシュ光線を当てるが、シミやソバカスの部分にだけ吸収され、ほかの部分は影響がない。ただし1回で取れるものではなく、5回ほどの繰り返し治療が必要とのこと。治療後は細かなカサブタのようなマイクロクラストができ、自然に取れていく。メイクもいつも通りできて、目立つ場合もコンシーラーで隠せる。(記事より抜粋転載)