ほくろを自然にうすくする治療

ほくろの治療

 

ほくろを取る場合いくつかの選択肢があります

最もオーソドックスでどこのクリニックでも採用されているのが炭酸ガスレーザー治療によるほくろ削りです この方法はほくろを丸ごとレーザーで削り取ってしまおうという治療法です 

効果は確実で1〜2回で治療も完了するのですが 皮膚をほくろを含めて削り取ってしまうため 皮膚に傷痕が残ってしまう可能性があるのが最大の欠点です

ですので わたしは ほくろ治療には炭酸ガスレーザー治療はおこなっていません

多少回数はかかりますがフラッシュ光線で徐々に自然にうすくする方法でほくろを消す治療を行っております

実際の治療例をご覧ください

 

フラッシュ光線によるほくろ治療

ほくろ 右.jpg

ほくろ治療前              フラッシュ光線による治療後

 

ほくろ 左.jpg

ほくろ治療前                   フラッシュレーザー光線治療後

 

ホクロ手術の経過 切除ー縫合ー抜糸

ホクロの切除手術をする場合のポイントは
切開線の方向です
皮膚には 皮膚割線という しわの方向があります
この線にあわせて 切開するると
傷跡がほとんど目立ちません

症例は 右耳前部のほくろです
耳前部の皮膚割線は縦方向ですから
縦方向に切開します

切開線の長さは
通常 ホクロの大きさの1.2~1.5倍になりますが
皮膚割線にあわせると
傷跡がほとんど目立たないのが
写真からわかりますね

ほくろ 頬 手術.jpg

ほくろ 切除手術  ホクロを切って治す

ホクロの治療法
 
 1 レーザー(CO2レーザー)
 2 手術(切除ー縫合手術)
 3 フラッシュ光線療法
 4 レーザー(ダイオードレーザー、ヤグレーザー)

この4つが ホクロの治療法でしょうかね

なかでも 最も確実で傷跡が目立たないのは 手術でしょうか

ただし 麻酔をして切除ー縫合で大体15分〜20分かかります
麻酔がちょっと痛いですね
5日後には抜糸が必要です

少しわずらわしいところがありますし
手間もかかりますが
上手な形成外科医が手術すれば
結果は下の写真の通りです

眼の下のほくろを取りました.jpg

ほくろの手術 切除ー縫合ー抜糸

大きいほくろは切ったほうが傷跡がきれいです

症例は法令線に近いところにある ほくろですが
このあたりできるホクロは手術したほうが傷跡がきれいですね

ほくろが小さくて 盛り上がりがないような場合は
レーザーも適応ですね

ホクロを見極める正しい診断力がカギですね

ほくろの切除 法令線.jpg

ほくろの手術 

これは難しい症例ですね

目の際のホクロです
形成外科的テクニックを使えば
こういった難しい症例でもきれいにきれいに治療できますね

 

眼のほくろ治療.jpg

 

ホクロの手術

このほくろはかなり大きいですね
このタイプのホクロは Co2レーザーでも治療は可能ですが
傷跡が残ってしまう可能性があります


今回は 局所麻酔をして 切除手術を行いました

ほくろ(母斑)の手術は確実にきれいにできる方法です

 
耳の後 ほくろ.jpg

ほくろを切って治療する (ほくろ切除手術)

ほくろの治療法にはいくつかあるわけですが
最も確実な方法が ほくろ切除手術です
 
 ほくろを 周囲の皮膚を含めて 紡錘形に切除して
 細い縫合糸を使って縫合します

 局所麻酔(部分麻酔)の手術ですから 15分もあれば完了です
 抜糸は5〜7日後
 その間は 肌色の紙テープを傷口に貼っていただきます
 入浴は可能で お化粧もできます

 傷は お顔のシワと区別がつかないほど目立たなくなります
 もちろん 形成外科医が手術することが前提ですがね・・・

 さて 下の写真は
 目に近い部位にできた 色のないほくろ(医学的には「母斑」と言います)です

 これくらい大きいと レーザーで治療したのでは傷が残ってしまいます
 切除ー縫合術が最適でしょうね


 また 部位的に難しい部分ですので特殊な縫合法を行っています
 これは 形成外科専門医にしかできない手術ですね

 
ほくろの手術 顔.jpg

ホクロの手術  ほくろを切って治療する(手術後)

さて こちらの症例写真をご覧ください
右頬 鼻のわきのほくろ(母斑)です
これもかなり大きいですね

これくらいの大きさがあると
レーザー(Co2レーザー)で治療するより
切除ー縫合手術したほうが
傷跡がきれいになりますね

この症例では特に
鼻唇溝と言われる鼻から唇の外側にかけての溝(法令線とも言います)
このライン上にありますから
法令線に沿って
切開ー縫合してあげれば
傷跡はほとんど目立ちません

写真左が術前
右がほくろを切除して縫合したところです
縫合糸がみえますね

この状態のまま5日間おきます
消毒は特に必要ありませんが
傷口は清潔に保っていただきます
患者さんには肌色の紙絆創膏を貼ってもらっています

この上からお化粧すれば
傷はほとんど目立ちません

5日後の糸を抜きます(抜糸)

抜糸後1ヶ月もすれば
傷跡ははほとんど目立たなくなります

ほくろの手術 鼻の横.jpg