ヒアルロン酸で法令線を修正

ヒアルロン酸注入が最も有効な部分といえば 
法令線でしょう

法令線ほうれいせん)とは
鼻の横から口のわきにかけての
深いしわのこと

子供にもある
自然なへこみですが

齢をとると
このクボミが深くなって
非常にふけた印象になります

口周りから頬にかけてのたるみは
ふけ顔を作る最も大きな原因です

法令線の修正には
ヒアルロン酸注入が最も有効でしょう

コラーゲンでももちろん修正可能ですが
注入量がヒアルロンサンよりも多くなります

これは、コラーゲンは
注入した量の30%ぐらいは1週間以内に吸収されてしまうからです

その点 ヒアルロン酸は 入れた量ほぼそのままが残りますので
結果的に コラーゲンよりは少ない量の注入で済むわけですね

この方も ヒアルロン酸注入量は0,5ccほどです

法令線注入による修正.jpg
法令線へのヒアルロン酸注入による修正術      術直後 

ヒアルロン酸とは ヒアルロンサン ヒアロン酸

ヒアルロン酸とは

 ヒアルロン酸ヒアルロンサンコラーゲンとともに皮膚真皮を構成する主要な成分で、肌の水分保持機能があります。ヒアルロン酸ヒアルロンサン自体の6000倍もの水分を溜め込むことができます。

 このため、ヒアルロン酸が減少した肌は、みずみずしさを失い、シワの多い、たるんだ肌になってしまいます。

 シワ治療にこのヒアルロン酸を直接注入する方法が使われます(ヒアルロンサン注入)。
コラーゲンと違い、ヒアルロン酸は生物由来成分ではなく、合成成分ですから、アレルギーの心配がコラーゲンほど多くなく、未知のウイルス感染症のリスクも少ないと言えましょう。ヒアルロンサン注入のリスクは少ないといえます。

 シワとり治療の注入剤として、最も一般的に用いられている材料です。

 ヒアルロン酸注入剤自体は無色、透明のゲル状物質で、注入するとほとんど目立ちません。ヒアルロンサンのほうがコラーゲンより目立ちません。コラーゲンは皮膚の浅い層に注入すると、白く透けて見えることがあります。

 


ヒアルロン酸の種類

 現在日本で使われているヒアルロン酸です

1・レシチレン レスチレン   スエーデンのQメドという会社の製品で、おそらく、現在最も多くのクリニックで使われているであろうヒアルロン酸製剤です。
硬さのランクにより  レシチレンタッチ  レシチレン  パーレーン レシチレンサブQ  の4種類があり レシチレンが最も一般的に用いられます。


2.ジュビダーム   フランス製のヒアルロン酸で、形状はレシチレンとほぼ一緒。値段が多少安いです。

3.ハイラフォーム  アメリカ製のヒアルロン酸で、比較的新しい。製剤がやわらかく使いやすい。柔らかいため注入時の痛みも少ない。鶏のとさかから作られる。

4.サージダーム   最近多く用いられるようになってきたヒアルロン酸製剤
サージダーム18 サージダーム24XP サージダーム30XP の3段階の硬さがあり、クロスリンク構造により同じ硬さでも 他製品と比べ 持続時間が長い 30XPで1年半〜2年持続すると言われる。
そのほか唇用のサージリップ、メソセラピー用のサージリフト+があります。


当院では各種ヒアルロン酸を取り揃えヒアルロンサン注入を行っております



ヒアルロンサン注入でいい結果を得るために

注入系治療は、抜群の即効性とダウンタイムのなさで満足度の高い治療ですが、注入に際しては、医師の技量、経験、センスがものを言います。うまい先生にやってもらうと、それはそれはすばらしい効果で、非常に満足できる結果が得られる反面、下手な先生に当たってしまうと、ぼこぼこになって、悲惨な顔になることも少なくありません。

ヒアルロンサン注入に限らず、コラーゲン注入ボトックス注入など、注入系治療は、まずはなんと言っても医師選びが重要です。

信頼できる医師の施術を受けるのが 満足の行く結果を得る近道です。

効果が出ないだけならいいですけど、ぼこぼこになったり、青あざだらけの顔になったりしたら、毎日が憂鬱になりますね。

若い方の法令線治療

法令線とは鼻のわきから唇のわきにかけての深いクボミのことです。
誰でもくぼみはあるものですが、齢をとると深く目立ってきます。法令線が深いと、とてもふけた印象を受けます。50才台以上の方で法令線を気にする方はたくさんいますが、30台の若い方でも、20代の頃に比べると明らかにたるんで深くなってくるので結構気になるものです。

法令線改善にはヒアルロン酸注入が一番です。即効性がありますからね。

くぼんでいる部分にヒアルロン酸を注入するという単純な治療ですが、うまくデザインして入れてあげないとぼこぼこになりますので結構悲惨なことになります。

経験が十分あるドクターに施術してもらうのが一番ですよ。

安いからといって安易な治療を受けると、後で後悔することになります。

さて、下の写真は先日、法令線のヒアルロン酸注入をした、30台の女性です。30代後半は、法令線が気になりだす年齢ですね。
30台女性の法令線。療.jpg

ヒアルロン酸 注入治療 くま

目の下のタルミ ヒアルロン酸 1.jpg

目の下のタルミ いわゆるくまといわれる状態を治すには、瞼の下を切開して脂肪を抜く手術をしければなりませんが、手術をしない方法をご希望の場合は、ヒアルロン酸をくぼんだ部分に注入することによって、たるみを目だなくする方法がお勧めです。

 この方法ですと、5分程度の施術で、画期的な効果が出ますので、皆さん非常に満足されます。

 料金も、手術に比べ半分以下で済みますし、なにより、施術後の腫れ、出血、といった後遺症が少ないのがメリットです。

 施術当日から、お化粧ができますので、誰にも気づかれず目の下のタルミを治すことができます。

ヒアルロンサン 目の下のタルミ 注入治療

 
眼の下のたるみの注入治療写真.jpg



かなりひどい目の下のたるみ ですが この程度の症状でも 手術なし で ヒアルロン酸注入のみで治ことができます

ヒアロン酸 注入治療 目じりの小じわ

目の下のタルミ ヒアルロン酸 3.jpg

カラスの足跡と呼ばれる目じりのシワも、ヒアルロン酸注入で簡単に治療できます

目じりのしわを治す方法は2つです
1、ボトックスにより 目の回りの筋肉を弱らせて、シワができなくする
2、ヒアルロン酸を注入してしわを埋めてしまう。

どちらも効果的です

両方併用すると尚良いですね。

あなたは、ボトックス派、ヒアルロン酸派?
どちらも有効期間は半年〜1年です。

上の症例写真は、目じりのしわにヒアルロン酸を注入した症例です。

ヒアルロン酸 注入 口の周りのシワ治療

目の下のタルミ ヒアルロン酸 4.jpg
口周り がたるんでいたり 口周りにシワがあったりすると ふけて見られがちです。 ヒアルロン酸注入で口角をつり上げることができます  きゅっと引き締まった口元になります しわへは直接ヒアルロン酸を注入します。

口周りのシワはヒアルロン酸注入がもっとも有効な治療のひとつです。

ヒアルロン酸のかわりにコラーゲンを使っても一緒です。

コラーゲンかヒアルロン酸かは好みの問題になります。効果に大差はありません。 

ヒアルロン酸 注入 法令線 ほうれいせん治療

 
法令線 ヒアルロン酸注入による治療.jpg



鼻の横の深いシワのことを法令線(ほうれいせん)と呼びます このシワの治療には ヒアルロン酸注入が最も効果があります 施術時間5分です  終わったあと化粧して帰れます 翌日から仕事OKです

症例写真は ヒアルロン酸注入1回後です  まったくイメージが変わりますね

同じようなことは、コラーゲンを使ってもできます。

ヒアルロン酸にも種類がいくつかあります。硬いものから、やわらかいものまで各種ありますが、私は主に、レシチレンというヒアルロン酸かサージダームというヒアルロン酸を使っております。

法令線の治療には、やや固めのヒアルロン酸を入れたほうが持続期間は長いですが、あまり硬すぎても、ぼこぼこしますので、ころあいが大事ですね。

この辺の判断は経験になりますね。

ヒアルロンサン注入 若返り

法令線 ヒアルロン酸 6.jpg

法令線 口角 口周り 目じり にヒアルロンサン注入 全体的にかなり若返った感じになりました  シワが治るだけではなく 肌にはりが出ます

ヒアルロン酸注入とI2PLを併用することにより、アンチエイジングが「可能になります。

フェイスリフトをしたような効果をだすことも可能です。ヒアルロウン酸注入は即効性があって、劇的効果がありますので、皆さんに喜ばれます。

持続期間は半年〜1年、最近では2年以上持つものもあります。