しみ、くすみ治療 症例写真

しみとは
 医学的には、老人性色素班日光黒子と言われます。
皮膚の比較的浅い部分(表皮)にメラニンがあることが多いですので、適切な治療をすれば、かなりきれいに取れます。Qスイッチレーザーや IPL I2PL が適応になります。フラッシュレーザー光線療法というDR.とねがわオリジナルのコンビネーション療法が最もお勧めです。以下、フラッシュレーザー光線療法によるしみの治療例をご紹介します。
 
 

症例写真1(多発するしみ)
このように顔全体に、シミが多発しているタイプの方はわりと多いですね。こういった方の治療は、レーザーでは追いつきませんし、ダウンタイムがひどすぎて、日常生活にさしつかえがあります。
フラッシュレーザー光線療法の最もいい適応です。
しみ治療5555.jpg


 

症例写真2(細かいしみ):細かいシミが顔中にある方は顔がくすんで見えます、そばかすが子供の頃からあって、日焼けを繰り返してしまった方に、このようなシミ、くすみの方が多いですね。やはり、レーザー治療では無理ですので、フラッシュレーザー光線が治療適応になります。
くすみ 美白 I2PL 666.jpg

症例写真3(丸いしみ):この症例のように、単発のシミ(老人性色素班)はレーザでも、フラッシュ光線でもどちらでも取れます。ただし、レーザー治療の場合は。黒くなったり、リバウンドがでる(かえって黒くなる)ことがあるので、フラッシュ光線のほうがお勧めですかね。一番いいのはフラッシュ光線とレーザーを組み合わせた、フラッシュレーザー光線療法です。
しみ 治療 I2PL 1 .jpg

症例写真4(大きなしみ):左こめかみのシミです。フラッシュレーザー光線治療(I2PL レーザー)できれいに取れています。
しみ 治療 I2PL 2.jpg



症例写真5(大きなしみと細かいしみの混在タイプ):大きなシミと小さなシミが混在した状態です。一般的にシミはひとつではなくこのように多発することが多いですね。このような皮膚、シミにはフラッシュ光線(I2PL+IPL)が最もいい適応です。顔全体を治療することにより、選択的にシミが消えますし、肌の状態が良くなり、美肌、美白になります。
しみ 治療 I2PL 4.jpg



症例写真6(くすみ):顔全体のくすみですね。赤ら顔の症状もあります。にきび跡のケアが悪く、間違ったスキンケアを繰り返すとこのような肌になります。悪循環に陥った肌は、フラッシュレーザー光線療法(I2PL IPL レーザーコンビネーション療法)でスキンケア治療する必要があります。半年ほどで、色白、美白、美肌、卵肌に生まれ変わります。
くすみ 美白 I2PL 55.jpg



症例7(若い方のうすいしみ):チョット解りにくいですが、目の下〜ほほにかけてのうすいシミがある方です。まだ28歳と若いですが、シミが増えてきたとことを気にされ、クリニックを受診されました。うすいしみは治しやすいと皆さん勘違いされていますが、まったく逆で、うすいシミほど治療しづらいのです。レーザー治療はかえって濃くなってしまうタイプのシミですので、注意が必要です。フラッシュレーザー治療で徐々に治療、うすくしていくのが望ましいです。
しみ 治療 I2PL .jpg



症例写真8:(かんぱん・肝斑):これは肝斑(かんぱん)です。レーザーを単純に打つことは禁忌です。治療が非常に難しいのですが、フラッシュ光線療法でいい結果を出すことができます。

かんぱんは少し前まで治らないしみと言われれていて、「かんぱんには手を出すな」と皮膚科医の間では言われたものです。最近になり新しい治療法が研究開発されるようになり、かんぱんは今では治療できるしみになりました。私は、フラッシュ光線治療でいい結果を出しています。カンパンの方は是非、私にご相談ください。
しみ治療 I2PL 6.jpg

 

症例写真9(扁平母斑):これはちょっとシミとは違うのですが、シミに見えますね。扁平母斑というあざの一種です。これもなかなか一筋縄ではいかない色素班で、治療する医師の力量が問われます。 レーザーでもI2PLでも治療できますが、I2PLのほうが、りバウンドが少ないですね。いずれにしても再発率が高いですので慎重に治療していきますと、この方のようないい結果が期待できます。
しみ治療 I2PL 扁平母斑2.jpg

 

そばかす 症例写真

そばかすとは
一般に子供の頃から見られる、両ほほから鼻にかけての小さな斑点状、茶褐色の色素班で、加齢により増える傾向にあります。日焼けして紫外線の影響を受けると、色が濃くなり、数も増えてきて、シミとかソバカスが混在した状態となるとかなり醜いです。顔中にソバカスがある人は要注意です。
I2PL フラッシュ光線治療はそばかすに抜群の治療効果があります。
0(ゼロ)に近い状態に治療できますので、そばかすでお悩みの方は、I2PLフラッシュ光線で治療しましょう。



典型的なソバカスの症例です ソバカス対策は何もしていなかったそうですが、I2PLできれいに消すことができました もちろん後遺症 副作用はありませんそばかす治療療 I2PL 1.jpg



そばかすが子供の頃からあった上に、若い頃サーフィンをやっていて日焼けを重ねた結果、顔中がしみだらけになってしまった方です。こういう方は割と多いです。まったく違う皮膚に生まれ変われますね。レーザー治療よりそばかす改善にはI2PLがオススメです。そばかす 治療 I2PL .jpg




21歳の女性です 5回のI2PL フラッシュレーザー治療で完全にそばかすが消えました。そばかす 治療 I2PL 3.jpg




しみ、そばかす、くすみ こうなるとレーザーでは追いつきません。フラッシュレーザー光線 I2PLしかないですね。かなりきれいになります。そばかす、しみ除去だけでなく、くすみ治療、美肌対策もできます。そばかすはもちろん完全に消すことができますね。
そばかす 消す I2PL  1.jpg



そばかすは化粧品でも隠せないですね。judy and maryの歌の歌詞にもありますね。るろうに剣心でしたっけ。I2plがそばかす治療の方法には最適。
そばかす 消す I2PL  2.jpg


そばかすとくすみはいっぺんに治療できます。美肌治療としてのI2PL フラッシュレーザーで美白、滑らか肌に生まれ変わり。いろいろな化粧品を渡り歩く前に、さっさとこの治療で美肌になりましょう。そのほうが早いですし、結局安くつきます。そばかす 消す I2PL  3.jpg

くま治療

次は くまの治療・しわ・たるみ・赤ら顔・にきびなど 症例写真 へ

くま 目 目の下 くまの治療 症例写真

くまとは   

くまには大きく分けて3種類あります
1、黒くま(茶くま)
2、たるみくま(影くま)
3、青くま

1は目の下が黒く(または茶色く)色素沈着しているくまですね
2は目の下の皮膚がたるんで、ができているくまですね。老けて見えます
3は、の下の皮膚の血流不全で血液がの下の皮膚にうっ滞した状態で、青黒く見えるくまですね

治療法は1〜3によって違ってきます


これは黒クマですね。色素沈着ですから、I2PL治療がいいです。
くま 消す 改善 1.jpg



これも黒クマですね。黒くま治療は、フラッシュ系の治療が効果的ですが、症例によっては、qスイッチレーザーが行こうな場合もあります。大田母斑ですね。この写真は大田母斑じゃないですよ
くま 消す 改善 .jpg


目の下のたるみは、I2PLやたるみレーザーでこじわを治した後に、ヒアルロン酸注入すると完璧です。
3.目の下たるみ3.jpg



これだけたるんでいる、目の下のクマの方でも、当院なら、手術をせずに治せます。

くま 消す 改善 3.jpg



たるみくまの治療は、一般的にはの下を切開して、皮膚を切り取ったり、脂肪を抜いたりする外科的治療が行われることが多いですが、手術を好まない人は、フラッシュ+ヒアルロン酸注入手術並みの効果が期待できますね。

くま 消す 改善 4.jpg




青くまの治療はフラッシュI2PLが有効です。涙袋(目の下のふくらみ)を作ることも可能です。
くま 消す 改善 5.jpg

顔の脱毛 うぶ毛脱毛 治療症例写真

顔のうぶ毛脱毛

もみ上げ周辺の毛が多い方はわりといらっしゃいます。化粧のりも悪くなります。永久脱毛してしまったほうが、お顔もキレイになりますし、顔剃りしなくて済みます。I2PL脱毛が有効です。
顔のうぶ毛脱毛1.jpg

おでこの毛が多くて、おでこが狭い方も多いです。こういった方もI2PLで永久脱毛してしまうのも、選択肢です。産毛脱毛。I2PL
顔のうぶ毛脱毛2.jpg


細い毛、顔のうぶ毛はI2PL脱毛で美肌脱毛できます。
顔のうぶ毛脱毛3.jpg


えりあしの毛が長いと格好悪いですね。I2PL レーザー脱毛で永久脱毛
顔のうぶ毛脱毛4.jpg



うっすらひげが生えている女性も多いですね。迷わず永久脱毛、I2PL,IPL、レーザー脱毛です。
顔のうぶ毛脱毛5 髭.jpg


女性の髭、ひげ脱毛、需要が結構あります。キレイに永久脱毛できます。肌もきれいになりますので、一挙両得です。
顔のうぶ毛脱毛6 髭.jpg


眉毛も脱毛可能です、余計な部分の眉毛を永久脱毛してしまうと、まゆぞりの手間が省けます。I2PL脱毛で眉毛の永久脱毛しましょう。
顔のうぶ毛脱毛8 眉毛.jpg


しわ・たるみ治療症例

しわの治療です I2PL フラッシュ光線治療1〜2クールで写真のようにしわが取れます。 外科的施術(手術、注入)なしにここまでキレイにできるのはフラッシュ治療だけでしょう 浅野ゆう子さんの首のしわのような症状も治せます
しわ 治療1.jpg


たるみを気にする方、特に目の下のたるみ、顔のたるみの改善、フラッシュ光線がたるみ取りのご要望にお答えします。 しわ たるみ 、頬のたるみ 、まぶたのたるみ 、肌のたるみを解消して、同時に毛穴も引き締めます しわ 治療 I2PL 111.jpg


目じりのしわ、小じわの治療法は 1、I2PL  2、ボトックス  3、フィラー(ヒアルロン酸、コラーゲン)です
フラッシュ光線の継続治療がしわ、たるみを改善します。
目じりのしわ I2PL3.jpg



目の下のたるみもフラッシュ光線で徐々に良くなります。たるみ解消するには、 ほほのたるみの改善から。ご希望の方には 目袋形成もできます たるみの下にヒアルロン酸を注入しコラーゲンを賦活化する最新メソセラピーがおすすめ。 ダウンタイムはありません。 乾燥肌によるたるみには サプリメントに加えて肌治療を継続すると直ります
4目の下たるみ改善444.jpg



たるみ解消 しわ解消 顔のたるみ、気になる法令線にはヒアルロン酸注入が有効です。フラッシュ光線で乾燥肌、たるみ肌改善すると同時にサプリメント補給もいいです。 肌のたるみには ヒアルロン酸が即効性あり
法令線たるみ治療5.jpg


たるみは気になるけど手術はしたくないという方には、フラッシュ光線+メソセラピー+ヒアルロンサン注入で、フェイスリフトと同じくらいの効果が出せます。小じわ、くすみの改善、肌のはりがでますので、結果的に手術するより、満足度は高いと思います。
しわ たるみ 治療 I2PL 222.jpg

赤ら顔・毛細血管拡張 治療 症例写真

赤ら顔対策は赤ら顔原因によってその治療方が違ってきます 一番簡単なのは化粧品で治す方法ですが さすがに化粧品では赤ら顔は治らないですね 
最も有効といわれるのがビタミン治療(ビタミンK やビタミンC)で専用化粧品もありますが それだけでは赤ら顔が多少良くなりはすれども 完全に治るとうわけにはいきません それでも 何もしないよりはいいでしょうから まずは ビタミン化粧品であ気軽にケアするのはいいでしょう
 
 赤ら顔の原因で多いのが脂性肌です にきびができやすい脂性肌の方は炎症をおこして赤ら顔になるのです
 またアトピー に併発する赤ら顔もありますね これはあアトピーを解消するることが赤ら顔治療につながりますから 赤ら顔の治療というより アトピーの治療に近いですね 
いずれにしても赤ら顔の治療は簡単ではありませんが 当院ではレーザ治療は言うに及ばず 美白効果のあるフラッシュ光線療法で治療しています
 

こちらがフラッシュ光線で治療された方のお写真です
赤ら顔 I2PL 消す 11.jpg


 酒さも赤ら顔の原因の一つです 酒さとは皮脂腺増殖症です 皮脂腺が過剰に発達して 皮脂が出過ぎる状態です それによって肌が炎症をおこし 赤ら顔になります

脂漏性皮膚炎も赤ら顔の原因です 酒さと似ていますがちょっと違います 皮脂が多くて赤みが出るのは一緒です 脂漏性皮膚はかさかさした赤みになります
イオン導入で赤ら顔を治すという方法はなくはないですが これも効果が低いですね
 敏感肌の方も受けられる治療といえば なんといってもレーザーとフラッシュ光線併用のフラッシュレーザー光線治療になります
 赤ら顔の治し方はフラッシュ光線が鍵 肌荒れを起こさず治療できます。
 

写真の方も赤ら顔が改善されています。
赤ら顔 I2PL 消す 22.jpg


赤ら顔の原因で最も代表的なのは毛細血管拡張症です ほとんどの赤ら顔はこれに当たります

ただし毛細血管拡張症と脂漏性皮膚炎が同時にあることが多いですね 

赤ら顔治療を行う場合 ダイレーザーではダウンタイムがありますが I2PL フラッシュ光線ではダウンタイムなしに赤ら顔はきれいに治ります
また 赤ら顔は時にアトピーに併発することがあります その時は 赤ら顔を治すにはフラッシュ光線を行うと同時に基礎化粧品 を使うと尚良いですね。

にきびに伴う赤ら顔は長期戦です 慢性的な赤ら顔は レーザー治療ではなくフラッシュ治療が効果高いですね
2赤ら顔2.jpg

毛細血管拡張タイプの赤ら顔です 左側だけ治療した状態です 赤ら顔が改善されました



I2PLフラッシュは赤ら顔治療に最適 アトピーやきびに併発するタイプでもすっきり治ります ノーダウンタイムです
赤ら顔 I2PL 消す 33.jpg


毛穴の開き 治療症例写真

毛穴ケア 毛穴の黒ずみ対策 特に鼻の毛穴黒ずみ対策にはフラッシュ光線 レーザー治療がオススメです  毛穴の開き 鼻 毛穴 角栓対策は皮脂 をコントロールするレーザー治療がいいです
毛穴治療 I2PL 1.jpg




毛穴引き締め 帯状毛穴対策はパックやソニックブラシ 毛穴吸引 では不十分です 毛穴レーザー治療 写真を見て下さい。 毛穴革命です 毛穴治療 I2PL 3.jpg




鼻の毛穴治療は角栓治療です  ピンセットやパテ職人で毛穴すっきりパックもいいですが 、メンソレータム毛穴処置はいかがなものでしょう? ledも毛穴に有効です。ソニックブラシも必要なくなりますね。 フラッシュ光線治療で毛穴のつまりも解消。もう、毛穴をカバーする必用ないですね。 毛穴対策はフラッシュ光線です。
毛穴治療3.jpg

たるんだ毛穴の治療はI2PL フラッシュ光線がベスト 化粧品だけでは改善不可能な たるみ 小鼻の毛穴ケア 頬の毛穴の掃除がフラシュでできます もう、エステにいく必用はありませんね
 毛穴治療 I2PL 5.jpg




毛穴の黒ずみ 鼻の毛穴対策刃どうしますか?  毛穴の開き 毛穴の引き締めパック、 毛穴吸引と併用して毛穴治療 (毛穴レーザー)で 毛穴の黒ずみを取る治療をしましょう。 毛穴の化粧品なしで角栓がとれます
毛穴治療 I2PL 4.jpg

      
        毛穴の開きページトップへ

ニキビ・にきびあと 治療症例写真

  にきび治療のポイントは、にきびのステージを見極めてそれにあった治療を選択することです。高校生のにきびは赤にきびといわれる、毛穴の詰まり、脂性によるにきびのことがほとんどです。
I2PL バフライト ダイオードレーザーで治療しますにきび治療1.jpg




このような重症なにきびでも、フラッシュ光線治療でほぼ完治できます。3ヶ月が目安です。
皮膚科の保険治療ではまず治りません。にきび 。療111.jpg



20才をすぎてできてくるなかなか治らないにきびは大人にきび の可能性があります。ホルモンが関与しています。不規則な生活ストレスが原因になります。毛穴の詰まりを改善する治療。ピーリングや、フラッシュ光線治療が有効です。スキンケアも平行して行います。プロアクティブを使う人もいます。にきび 。療222.jpg

大人にきびです。治し方がわからずにを自分でつけている方が多いですが、それでは治療になりません。原因を診断して予防対策スキンケア治療洗顔指導、化粧品指導までやります。皮膚科もらうだけでも治りませんね。にきび跡になってからでは遅いです。特にあごのにきびは色素沈着おこしてにきび跡になりやすいので注意。
にきび 。療333.jpg



皮膚科治療を1年間続けても治らなかった頑固なにきびです。 放置するとにきび跡になりおますので注意が必要です<。アダルトにきび大人にきびです。原因を見極めて対策治療しますと、にきび跡になることなく、このようにきれいに治せます。にきび33.jpg 

ホクロ・イボ 治療症例写真

ほくろを傷跡をつけずにキレイに治療するにはI2PL フラッシュ光線療法が一番いいと思います。その代わり1回では除去できませんから、3〜4回の施術が必用ですよ。
へこんだり、赤くなったり、縫い跡がついたりしませんので、キレイに治したい人にオススメの方法です。症例写真は3回ほど施術しています。

ホクロ除去1.jpg


ホクロ治療2.jpg

やや大きめのほくろで盛り上がったものは、除去手術が最も確実できれいになります。局所麻酔の手術になります。ほくろを切除したのち、細い糸で皮膚を縫合します。
ホクロ手術3.jpg


小さめのほくろで、盛り上がったものはCo2レーザーで蒸散させるのが簡単です。
ホクロ治療4.jpg


ホクロというかいぼというか、大きく扁平に盛り上がった腫瘍は年寄りイボといわれる「老人性角化症」です。炭酸ガスレーザーか電気メスで焼く治療が適応です。
ホクロ除去5.jpg


これほど大きなイボでもI2PL フラッシュ光線のホクロバージョンですといとも簡単にきれいに治せます
ホクロ除去6.jpg

アトピー性皮膚炎による色素沈着の治療症例写真

 アトピーで悩まれている方は、数多くいらっしゃいます。炎症が激しく、かゆみが激烈な時期は軟膏治療、内服治療などで対症療法的に症状を抑えて様子を見るのがいいでしょうが、問題は、ある程度、急性症状が治まって、炎症があまり起きなくなってきた成人期以降に、色素沈着が残ってしまい、皮膚が黒く、醜くなってしまった状態の治療です。
 
アトピー性皮膚炎色素沈着に対する治療は今まで二の次にされてきた感があり、色素沈着治療に積極的に取り組む医師もいませんでした。

 なぜなら、そもそもこの色素沈着そのものが、「炎症後色素沈着」と呼ばれるもので、「治療不可能」と考えられていたものだからです。
レーザーは禁忌です。かえって。色調を悪化させます。
「このまま様子を見るしかない」というのが、今での医学的常識でしたし、いまでもほとんどの医療機関では、この認識は変わっていません。


一方で、このような色素沈着を気にして治療を希望される方が後を絶ちません。
このような方のご要望になんとか答えられないかと思い、私はこの難題に取り組むことを、5年ほど前からはじめています。そして最近やっと、いい結果を出せるようになって来ました。

 レーザーは禁忌ですですから使えません。
レーザーより弱い光、フラッシュ光線を使うことにしました。
最初は、出力の調整が難しく、なかなかいい結果が出せませんでしたが、あることに気がついてから、わりといい結果が出せるようになりました。
下の写真を見て下さい、長年のアトピーで乾燥肌、荒い肌質になっています、炎症時期ではないですから、治療してみました。
5回ほどフラッシュ治療したところで、顕著に結果が現れました。ご本人も大満足しておられ、今でも継続治療されています。

アトピーによる乾燥肌、荒れた肌、色素沈着は非常に治すのが難しい疾患ではありますが、けっして治療できないとあきらめるものではありません。
フラッシュ光線治療でかなりいい結果が出せます。

アトピー1.jpg

アトピー2.jpg

さて、アトピーは全身疾患ですから、顔以外の部分にも症状が出るわけです。当然、色素沈着も全身に見られます。中でも皆さんが気にされるのは、背中色素沈着です。

 下の画像は背中と腕の色素沈着の典型的症例です。これだけ広範囲ですと治療は簡単ではありませんが、フラッシュ光線を使いますと、治療時間も短くて済みますし、カサブタになったり、傷跡になったりすることはありません。1回の施術では治癒しませんが、何回か施術を重ねることで、徐々に色素沈着がうすくなります。

アトピー後色素沈着 背中.jpg

アトピー色素沈着治療画像.jpg
  Before                                       After




アトピー上腕.jpg

アトピーの脱毛で問題になるには自己処理によって毛穴を痛めてしまうということです
毛穴がぶつぶつ盛り上がった状態なため 脱毛によて自らの毛穴を痛めてしまいます
ですから自己処理は難しいわけです

毛穴を痛めることによって毛穴の色素沈着もできてしましまいます

そういう場合はフラッシュ脱毛で永久に毛が生えないように脱毛するのが得策です

フラッシュ脱毛であれば アトピーの方の脱毛も可能なのです

脚脱毛アトピー222.jpg

脚脱毛アトピー333.jpg

かんぱん治療症例写真

次は かんぱん治療症例写真へ

かんぱん 肝斑 症例写真

かんぱん 治療 画像 体験談.jpg 

かんぱん治療画像1 Dr.とねがわによるフラッシュ光線療法

このように顔全体(頬全体)に拡がったかんぱんは非常に治しにくいタイプのものでした

レーザー治療は禁忌(やってはいけない)です かえってかんぱんが悪化します

このタイプのカンパンにはフラッシュ光線療法が一番です

うまく設定して治療がはまれば 写真のように非常にきれいになります

かんぱんを治すなら フラッシュ光線療法しかありません

フラッシュ光線療法なら治療中もお化粧できますし  かさぶたもできません

面倒なお手入れも一切なしです

かんぱんでお悩みの方は迷わずDr.とねがわお勧めのフラッシュ光線療法です

 

        かんぱん画像2

    かんぱん・肝斑 治療 画像.jpg

この方はかなり重症のかんぱんです  ほぼ顔全体にかんぱんが見られます

頬〜顎〜鼻のした〜口周り〜瞼 顔中すべてが  かんぱんといっても過言ではないですね

ここまでひどい方は いままでならお手上げ

かんぱんですから治りませんねといわれて 冷たく突き返されるのがいいところでした

今でも ほとんどのクリニックでそう言われて返されるでしょう

それはある意味正解です

カンパンの治療にたけていないDRはかんぱん治療に手をつけるべきではありません

治らないだけならいいですが かんぱんは下手に手をつけると

真っ黒になってしまうことがあるからです それくらい カンパンは厄介です

ところが 今は違います  というか 私は違います

重症のかんぱんでもかなりきれいに治せるようになってきました

これは研究と経験を積んだ結果です

写真を見てもらえばおわかりかと思いますが

ほとんどわからないくらいまでかんぱんが治っています

当院で私が治療したかたは皆さんかんぱんが薄くなっています

フラッシュ光線療法のかんぱんバージョンで治療しています

この設定は私が経験上見出した設定であり 

フラッシュ光線をただ単に照射するだけでは  肝班(かんぱん)は治りません

かんぱんに関する治療はわたくし(Dr.とねがわ)オリジナルな治療法です

かんぱん治療 画像3   (Dr.とねがわ施術治療)

かんぱん治療Before After画像1.jpg

Before      after

 

トランシーノという薬があります  肝斑が治りますとテレビで宣伝してます

この薬の正体はトラネキサム酸というものです

医療の世界ではずっと昔から使われている薬です

トランサミンというのが医療で使われている商品名です

理論的にもトランサミンがシミをうすくする仕組みは解明されていますので

われわれ医療従事者も かんぱん治療にトランサミンを活用しています

この症例ではフラッシュ光線療法とトランサミンを併用してかんぱんの改善に結び付けています

 

         かんぱんの当院治療症例4

かんぱん治療画像右1.jpg

 

Before        after

右サイドの写真です

フラッシュ光線療法を1か月おきに数回施術しトランサミン内服を併用した方です

かんぱん治療はトランサミン内服だけではうまくいきませんが

フラッシュ光線療法トランサミン内服の併用療法が最も効果が期待できます

この方法で今まで治療不可能と思われていたかんぱんは治療可能です

 

ただし かんぱんフラッシュ光線療法の設定は経験が必要です

ただやみくもにフラッシュ光線をやっても治りませんので注意が必要です

 

    

かんぱんの治療前 治療後の画像5です

   Before Afterカンパン 画像Before After.jpg

 フラッシュ光線治療前      フラッシュ光線治療後

 

かんぱん シミの合併治療症例

この症例はかんぱんシミ(日光性色素斑)の合併した症例です

こういった場合の治療は非常に難しく 熟練が必要です

かんぱんを濃くしないようにかつシミが薄くなるように

微妙な設定が必要です

 

かんぱん日光性色素斑(しみ)治療は正反対です

かんぱんの治療は弱く 日光性色素斑(しみ)の治療は強くやるのがポイントです

ですから日光性色素斑を治そうとして強い治療をすると

かんぱんがかえって濃くなってしまいます

かんぱんはへたに治療すると治らないばかりか

かえって濃くなってしまいます

一度誤った治療で濃くなったかんぱんはなかなか元に戻りませんので

やっかいです

かんぱん治療は正しくしましょう

 

 かんぱんに関するページトップへ

 

       カンパン症例6

かんぱん 治療症例 左目の下.jpg

この症例は眼の下に薄茶色のしみが広がっていますね

これがカンパンです

あなたのしみがこれに似ていたらそれはカンパンです

ふつうのしみは丸いですが

かんぱんは 境界がはっきりしない もやっとひろがったしみになります

くすみの濃いものような感じです

かんぱんはふつうのしみ(日光性色素斑)よりはるかに治しにくいしみです

普通のシミレーザーを使えば割と短期間に治りますが

かんぱんレーザーを使うとかえって濃くなりますので

レーザー治療はやってはいけません

 

かんぱん治療は一般には不可能とされていますが

フラッシュ光線療法に特殊な工夫を加えてあげれば

写真のようにとてもきれいに治ることがわかりました

 

非常に微妙な調整が必要でどこでもできる治療ではないのですが

当院では可能です

かんぱんでお悩みの方は私の治療を受けに来てくださいね

 

          かんぱん画像7

かんぱん画像7−.jpg

かんぱん 治療前      フラッシュ光線治療後

 

この写真を見てください両ほほに線状にふででなぞった様なシミがありますね

これはよく見られるかんぱんの形です

こういったしみ(かんぱん)通常の治療では治りません

かえって濃くなってしまいます

 

この方は フラッシュ光線療法を継続的に続けた結果

右の写真のように非常に奇麗になりました

かんぱんがうすくなっているだけでなく

肌そのものが非常に白くきれいになっているのがわかると思います

フラッシュ光線療法は かんぱん治療にくわえて  美白治療も可能にします

 

 

  

 

カンパン 症例写真

カンパン症例写真

かんぱん症例写真Part2

かんぱんの治療です 

かんぱん治療画像8 ビフォー      アフターかんぱん正面 治療前 治療後1.jpg

 かんぱんでもあきらめる必要はありません

Dr.とねがわ施術のフラッシュ光線療法(かんぱんバージョン)なら

かんぱんもうすくなります

治療は1カ月おきに5回が目安

徐々にカンパンが薄くなります

今まではあきらめるしかなかったかんぱんでも

フラッシュ光線なら治る可能性が大いにあるのです

 

 

  かんぱん治療 Before       After

かんぱん 治療前 治療後 右.jpg 

 

かんぱんでもこのようにきれいにすることは可能なのです

あなたがもしかんぱんで同じようにお悩みでしたら

あきらめる前に 私にご相談ください

いままでたくさんのカンパンの方を見てきました

フラッシュ光線で治療していますが 皆さんとても満足されています

 

 

  かんぱんのフラッシュ光線療法 症例写真 かんぱん 画像 左.jpg

 

かんぱんはこのように左右対称にできます

ですから部分的に治療しても駄目です

お顔全体の治療が必要です

私が行うフラッシュ光線療法は全顔処置で10〜15分程度です

いたみはほとんど感じません

1回では治りませんが 1カ月おきの処置を継続することによって

5回程度でかなりきれいになってきます

お肌に負担なく出来ますのでなじみやすい治療だと思います

 

かんぱん治療画像9 Before  After     かんぱん33 500 左.jpg  

  かんぱんはフラッシュ光線レーザー療法(dr、とねがわオリジナル治療)

1か月に1回の処置を5回程継続しますと しだいにかんぱんがうすくなります

かんぱん治療フラッシュレーザー光線療法

普通のレーザー治療はかんぱんは禁忌です  

(レーザートーニングという一部のレーザー治療でかんぱんに有効な治療がありますが)  通常のレーザー治療はかんぱんには禁忌です

かんぱんは何もしないであきらめるか

フラッシュ光線療法治療するか  どちらかです 

 

 

カンパン治療画像 Before    Afterかんぱん 治療画像 右.jpg

 頬から 口周りにかけて 茶色いうすいしみが広がっています

左右対称にできています

これが カンパンです

かんぱんは20代後半ころからでき始め

50代後半まで次第に広がっていきます

エステに行っても治りません

高額な化粧品をつけても治りません

なぜならかんぱんは特殊なシミだからです

 一般にはかんぱんは治らないしみと言われています

 それでも フラッシュ光線療法なら写真のようにきれいになりますから

かんぱんでお悩みの方は フラッシュ光線療法を試してみてください